\ 最大10%ポイントアップ! /

【50代転職 現実】50代の転職の現実は悲惨?人生最後の挑戦の光をお伝えしたい!経験を信じよう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
50代転職現実
  • URLをコピーしました!
40代求職者

50代になったら、もう転職は諦めるしかないのかな。

40代求職者

50代は一般正社員で一から教えてもらうのは難しいのかな・・

結論:50代の転職はハイクラスでの役職転職のみ。一般社員転職は不可能と考えましょう。

<この記事を読んで解決する悩み>

こんな40代に向けて記事を執筆します。
  • 40代後半で50代で転職したいと考えている方。
  • 40代で正社員転職ができず、50代目前で何とか環境を変えたいと悩んでいる方。
  • 50代になってしまったが、定年まで10年。このままの環境では持たないと悩んでいる方。
  • 40代後半で、50代に思い切って人生最後の大勝負に出ようと考えている方。

<この記事を書いた人>

40代で人生に行き詰まった人を同じ立場で助ける記事を書くブロガー
エノ 

<プロフィール>

しかし昔の話なので時効です。店長になる前の物。身バレ防止の為
直近でのイジメブラック工場の名刺

現在の企業の内定通知書。リクルートエージェントにより管理職採用されました。

現在在職中の米菓工場の内定証。44歳でのキャリア採用に成功

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

目次

【50代転職 現実】50代転職は一部のエリートのみの需要。それ以外は夢も希望もないのが現実。非正規社員になったら離婚もあり得ます。

ビズリーチに挑戦できる50代とは?

ビズリーチに登録しスカウトされる50代は、在職中の管理職。

エノ

現在、年収が500万円以上あり、課長やマネージャー以上役職についている方はビズリーチで年収アップを狙いましょう!

50代で過去に役職経験があったり、年収500万円を超えていた時期があったなら、諦めずにビズリーチに登録しスカウトを待ってみましょう。

可能性ある限り、ハクラス転職を諦めず50代転職は人生最後のステップアップという意識を持って努力する必要があります。

役職定年になる前に、思い切ってステップアップを狙い、東証一部の大企業へ挑戦してみましょう!

人生は一度きり。行けるところまで行ってしまえ!

ビズリーチには、有料会員登録というプレミアム機能があります。

50代で本気で転職を考えるなら、絶対に登録必須な有料会員登録です。

詳しくは、添付の記事に記載していますので、ぜひ熟読をお願いします。

\ 50代で転職希望なら有料登録必須!/

もう一つ、50代で役職にいるなら、このサイトにも登録しましょう!

50代なら登録必須なステップアップサイト

リクルートダイレクトスカウトは、登録に審査がなく、年収500万円以下でもチャンスがあります。

50代で過去に役職経験や管理職経験があれば、それらを詳しく経歴に記載し、50代の今でも現実実力があるということを自信を持って記載して登録しましょう。

現在の日本は、年収が低くても管理職の仕事をさせる企業がたくさんあり、実際やっている仕事は実はもらっている年収よりも価値がある場合が多いのです。

まずは、ミイダスに登録し、自分の市場価値を客観的に見てみてください。

この記事に詳しく記載してあります!

現在よりもかならずよい企業から声がかかります。

ダイレクトリクルーティング型の転職サイトは、転職エージェントを間に入れずに直接企業の人事から連絡があります。

エノ

私の同僚だった45歳の元店長は・・・

年収550万円 ➡️ 年収900万円IT営業職へ転職・リクルートダイレクトスカウト経由

こんなことが転職の現実に起こっているのを間近で見てきました・・・。

リクルートダイレクトスカウトには、50代で人生の大勝負に出るなら絶対に登録しましょう!

自分の過去の経歴や実績を数字を使って記載し登録することで、人事は「とりあえず会ってみよう」と考えることが多いと実感しています。

ただ・・・

年収が大幅に上がるということは、それなりの責任が伴います。責任に実力が見合わず、すぐに退職となれば意味がありません。

自分の身の丈にあった転職先を選ぶことも重要です。

いきなり、「部長ポジションです。」と言われ部長で採用されたとしても、あなに部下がついてくると思いますか?

経営管理層というのは、そんなに簡単なポジションではありません。

少なくとも、とても強靭なメンタルが必要ですし、圧倒的なコミュニケーション力が求められます。

エノ

もし、できそうなスカウトが来るようなら、仕事を選ばず応募し挑戦するべきです。

50代転職の現実は、もしやりたい仕事があったとしても、選べるような立場ではないことを理解してください。

40代でも、転職で何がしたいかわからない人が多く、現実は仕事自体をしたくない、仕事をしないで生きていきたい人が多数なのです。

やりたい職種ではなく、できる職種なら迷わず飛びつきましょう。

50代は、そういう年代です!

\ 50代で転職希望なら登録必須!/

目次