\ 最大10%ポイントアップ! /

【四十代の転職】四十代の転職は全て地獄。成功するには地獄の中で生き抜くメンタルを持てるか?四十代の転職は地獄を覚悟せよ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
40代困った人

四十代での転職は無謀って言うけど本当なん?

40代求職者

四十代で転職したいんだけど、やりたいことなんかないしどうしよう・・・

結論:40代での転職は地獄を覚悟して初めて成功できる。内定はスタートラインですらない。

四十代で転職を考えている皆さん。

四十代で転職するということについて、どういう覚悟を持ってますか??

この記事では、四十代で転職することがどれだけ地獄かということを正直に執筆していきます。

この記事を読んで解決する悩み
  • 四十代での転職はなぜ地獄しかないのか?
  • 四十代で転職するならどんな転職エージェントに登録する?
  • 四十代で転職した実際の地獄体験談を知りたい。
  • 四十代で転職を成功させるには、どんなメンタルで転職活動にのぞめば良いのか?

厳しい現実をしっかり把握して、それでも四十代で転職したいと覚悟が持てる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

絶対にお役に立てる記事だと確信できます。

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

目次

【四十代の転職】四十代の転職は全てが地獄。現実をまず受け入れ、転職活動をしよう。

仕事終わりに転職サイトを見て不安になる四十代の図
エノ(汗)

四十代で転職を考えている皆さん。現実は甘くありません。

四十代。

人生でも四十代とは、中間地点で家族もいる人が多いでしょう。

四十代で転職を考えるということは・・・管理職で超年収アップを狙ったハイクラス転職か、居場所がなくなりつつあり、転職を繰り返しているかの2択となります。

ステップアップを前提とした四十代でのハイクラス転職!

ステップアップのハイクラス転職。ビズリーチハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウトに登録を!

生活するためになんとか長く働ける会社を探す四十代の転職。

とにかく正社員で定年まで粘れる会社を探す四十代の現実的な転職、こちらが90%を占める。

現実は、90%以上がBブロックの、「四十代の現実的な転職」です。

四十代で転職するなら、できれば最後にしたいと考える人が大多数でしょう。

ここで、決定的な現実を記載します。

四十代の転職は、どんな転職でも全て地獄です。

ハイクラス転職では、東証一部の大企業や外資系企業の管理職への登用が非常に多くあります。

よく考えてみてください。

いきなり大企業の部長などに抜擢されて、そこで実力を発揮できる自信はありますか?

大企業の精鋭社員が鋭い眼差しで自分を見てくる中、管理職として堂々と指示を出したり、リーダシップを発揮する自信はありますか?

考えるだけで、恐ろしいほどのプレッシャーが襲ってきます。

これだけははっきり言いますが、どんな大企業の管理職へ四十代で転職できても、すぐに辞めてしまったらそれは転職失敗です!

四十代のハイクラス転職とは、よほどの現役マネジメント層のみにチャンスがある狭き門で、現役で企業の管理職で活躍している人に個別メールでダイレクトリクルーティングする方法が一般的です。

つまり、評価されずに管理職にもなれていなかったり、待遇や環境に不満があり、それを理由に四十代で転職を考えている人には無縁の話なのです。

では、そういう四十代の一般的な転職、とにかく長く働ける環境を求める転職には、いったい何が必要なのでしょうか?

エノ

筆者は、四十代で2回転職し、合計7つの内定をいただきました。

そんな筆者も、どこへ行っても地獄だなと感じたのを覚えていますし、現在の職場も地獄です。

最初から四十代の転職は地獄だと認識して挑戦できるかが重要です。

【四十代の転職】四十代の転職で一番必要なのはメンタルの安定。これが全て!

メンタルに負担がかかる四十代の転職

四十代で正社員転職を考えている皆さん。心が病んでませんか?

上記で書いたように、四十代で今いる会社、またはすでに辞めてしまった前の会社で、何かしらの問題を抱えているから転職を考えているはずです。

自分の心にもう一度聞いてみてほしいのです。

  • 自分は、本当に転職がしたいのですか?
  • 自分は、本当は退職したいだけなのではないですか?
  • 自分は、仕事をしたくないのではないですか?
  • 自分は、本当に他にやりたいことがあって転職したいのですか?
エノ(汗)

ここを勘違いしていると、四十代に限らずどこに転職しても絶対に失敗します。

本当にやりたいことがあって、そのために準備をしていて、お金も貯めていて、家族の理解も得られていて、いよいよ四十代でその仕事にチャレンジする。

こういう四十代は、ほとんどが独立や起業を計画していたり、異業種へ転職するために資格を取ったりと、計画を入念にできているため、現在の仕事が嫌だから転職したい・・・だけではないはずで、成功する確率が高いです。

とにかく今の会社・今の環境・今の人間関係から離れるために転職したい。

ほとんどが、このパターンの四十代の転職希望者です。人間関係に疲れてしまったり、出世競争に敗れてやる気を喪失していたり、なんのために働いているのかわからなくなってしまった、心に闇を持った四十代です。

ただ、今抱えてしまっている問題から逃げたいから転職したいという気持ちは、「本当は退職して働きたくない」、の間違いです。

それを家族や世間体を気にしていうことができず、「四十代で転職したい」に置き換えて気持ちを言ってはいませんか??

エノ(泣)

筆者は、その気持ちに気がつくことができました・・・

三十代でも小売業で転職を繰り返し、その度に辞めたい・ここはもう無理・・・という気持ちを「転職したい」に置き換えていました。

そして、四十代になり、転職したいというわけではなく、とにかく仕事をしたくない・・・ここから逃げたい・・・

それが本心だということにやっと気がついたわけです。

こんなネガティブな気持ちで、四十代での転職が成功すると思いますか??

一番最悪なのは、四十代でも逃げて転職し、すぐに辞めてしまうことです。

では、メンタルに欠陥を抱えたままで、家族を養うために仕事をしなければならない現実から逃げられない場合、どうすれば良いのでしょうか?

四十代の現実的な転職の最初の選択
  • やりたい・興味があることを探し、見つかるまで現場で我慢する。
  • 四十代の仕事は地獄だと割り切り、家族のために地獄で我慢することを覚悟する。

現実には、この2択となります。

やりたいことを探す?四十代になってから?

家族も妻も子供もいる中で、無職になれる人は貯蓄を最低でも生活費2年分程度蓄えてある人にしかできないでしょう。

つまり、2,000万円〜3,000万円程度の貯蓄がある人なら、一旦無職になってでもメンタルケアに時間を割き、やりたいことを探す時間を取ることができる、というわけです。

このような書籍もあるので、やりたい事を仕事にしたいならぜひ読んでみるのも良いでしょう。

しかし、なかなか四十代で無職になりメンタルを療養できる貯蓄がある人は少ないでしょう・・・。

つまり、本当に現実的な選択肢は、家族の生活のために仕事という地獄を我慢する。一択のみなのです。

【四十代の転職】四十代の転職で何を目指すのか?目先の年収に飛び付いてはいけない!

エノ(怒)

心を鬼にして書きます。四十代で転職してどんな生活がしたいですか??

  • マネージャーや部長になって、役職に就き、責任をもってリーダーシップを発揮し、会社のために人生を捧げたい?
  • 家族との時間を多く持ち、休みの日を楽しみながら、職場では身の丈にあった仕事をたんたんとこなしたい?

①の人は、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどに登録し、ダイレクトリクルーティングでの個人スカウトを狙うような人材です。

①のような人材は、そもそもメンタルを病んでいません。

現在も企業で役職ポジションに就き、他の優良企業がさらに高待遇で引き抜きをかけるようなシステムなので、四十代という就職氷河期世代でも勝ち組の少数派です。

②のような、家族との時間や休みの時間を楽しみたい、責任やプレッシャーに押しつぶされるような役職には就きたくない、という四十代は非常に多くなっています。

そんな平和な身の丈にあった生活を望む四十代の転職をしたいなら・・・

目先の年収に飛び付いてはいけません!

四十代の転職で高年収など、個人営業職くらいで、そのほかは役職の管理職採用のみです。

四十代の転職での成功基準を明確にしておく必要があります。

【四十代の転職】現実的な四十代の転職ならリクルートエージェントに登録を!副業やる前提でライフワークバランスを重視しよう!

エノ

筆者は、やりたい仕事を探すという考えを捨てました・・・。

それは、会社という組織で他人の気まぐれな評価に人生を左右されるのが嫌だ、ということに気がついたからです。

そうはいっても、家族のために収入を得なくてはならず、現状は正社員での仕事を探さなければいけませんでした。

やりたい仕事?そもそも仕事自体やりたくないな・・・・

当分仕事しないでゆっくり過ごせたらどんなにメンタルが安定するだろうか・・・?

そんな貯蓄もしておらず・・・

仕事はやりたい事を探すのではなく、やりたくはないけど我慢できる・嫌ではない職種を選ぼう。

消去法で、絶対やりたくない職種を外していきました。

そして、会社からの収入だけに生活を人質に取られているからメンタルが安定しない、得体の知れない不安にいつも悩まされているんだという事に、やっと気がつけたのです。

土日祝日・年末年始が休めない職種は、必然的に外れました。

つまり、今まで働いていた販売・小売業はやめようという決断がここでできました。

エノ

ここで、四十代で異業種へ飛び込む覚悟ができたわけです。

エノ妻

本当に大丈夫かしらと不安になりました・・・

そして、土日祝日・年末年始がしっかり休める業種で、転勤がなく、単身赴任がない業界での仕事を探そうという答えにたどりつきました。

残業も少ない企業をなるべく選ぼう。

副業をすることで最低限の収入を確保し、家族でなんとか暮らしていける収入はどれくらいなのかを妻とも話し合いました。

副業は、社畜として残業や休日出勤していたらできません。

残業とは、この世で最も非効率な稼ぎ方だとこの時に気がついたのです・・・。

リクルートエージェントに、現在の自分の経験などを正直に伝え、職種はなんでもいいからできそうな仕事を探してもらえないか相談しました。

条件優先で、「職種はできそうな仕事ならなんでもいい」と覚悟を決めて伝えました!

40代で転職エージェントに相談した転職条件
  • 自宅から通える企業
  • 長く働き続けられる企業(経営状態)
  • 長く働いている人が多い企業(離職率)
  • 土日祝・年末年始・GWが休める企業
  • 残業が少なめな(最低月20時間程度)の企業
  • 管理職・マネージメント経験が活かせる求人
  • 最低年収500万円(当時の年収は650万円)以上の求人
  • 人と話すコミュニケーション力が活かせる企業
転職エージェント

小売業でのマネジメント経験がありますから、異業種へも挑戦できますよ。

エノ(汗)

41歳ですが、それでも可能ですかね?

転職エージェント

転職市場は、かつてないほど活発で、企業は人材不足で四十代でも若手と捉える中小企業は増えてきています。心配ないですよ。

リクルートエージェントにこのように言ってもらえて、覚悟を決めました・・・。

エノ

この人に賭けてみよう。他に何人もお付き合いする余裕もメンタルもない。

【四十代の転職】現在の転職市場は空前の人手不足。四十代未経験でもチャンスあり。

小売業を離れて異業種へ四十代で転職を考えていた筆者

転職活動に疲れたら・・・

エノ(汗)

そうは言ってもどんな仕事ができるんだろう・・・

不安でメンタルダウン寸前での毎日で、今後の半生の目標など何もなく、とにかく家族を養えればいい。

それだけしか考えられませんでした。

そしてリクルートエージェントからの最初の提案は、「法人営業職」でした。

転職エージェント

マネジメント経験とコミュニケーションが取れるあなたは、企業の経営陣を相手に取引することが可能ですね。

転職エージェント

土日祝日が基本休みで、年間休日120日以上の企業がたくさんありますし、勤続年数も長い会社はあります。

ここで、リクルートエージェントから2種類の営業職の違いについて詳しく説明をしていただけました。

2種類の営業職
  • BtoB(対法人営業)・・・企業と企業でのやり取りで、プレゼンテーションをする相手は企業の経営者なのが基本。営業相手が中小企業なら社長やオーナー、大企業なら関連部署の部長が相手で、営業職の中でも優秀な人材しかなれない非常にハイキャリアな職種。高年収者も多いが、その分プレッシャーも厳しい。
  • BtoC(対個人営業)・・・個人を相手にアポとりの電話をかけまくったり、飛び込みで個人宅にピンポンしたり、反響営業でも個人との契約を取る営業。保険や住宅の営業、車の営業、車買取営業、外壁塗装の営業など、いずれも個人に対して話をするので、契約率は非常に低く、離職率もものすごく高い。収入も安定せず、歩合のため基本給はかなり低く、契約が取れないとほとんど戦力外になることが多い。

私を担当してくれたリクルートエージェントは、BtoC(対個人営業)は絶対にやめるべきだと熱く語ってくれました。

転職エージェント

個人営業は、まず離職率が仕事全体の中でも極めて高く、使い捨ての印象があります。四十代でも誰でも入社できるほどの簡単な面接で、使えなければすぐに居場所を失うでしょう。

保険の営業や住宅の営業職には本当に気をつけましょう。

多くが、「高年収も可能」と書いてあり、給料のところに年収300万円〜1,000万円など、異常な給与レンジ幅が広い求人が多くあります。

これらは、ほとんどが誰でも入社できるブラック求人で、行き場のない四十代を狙った悪質な求人でもあります。

転職エージェント

やるなら、法人営業職で名の知れた企業に推薦できます。プレゼンテーションが得意なのは今話していてわかりますよ。

エノ(汗)

この人、只者じゃないな・・・

リクルートエージェントには、たくさんの優秀なエージェントが在籍し、顧客の資質を見抜くような凄腕の人もいます。

ただ面談しているだけで、「この人は人との話に強い」とか、「この人は事務系の方が向いている」とか、瞬時に見抜いてくるすごいエージェントもいます。

40代・50代で本気で正社員転職を目指すなら、リクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェントだけでも構わないくらいです。

現実的な年収の非公開求人を紹介してもらえるのと、中小企業などの中間管理職の求人も多く持っています。

これからは就職氷河期世代の40代がどんどん転職していく時代で、リクルートエージェントは欠かせない絶対必要な転職エージェントです。

リクルートエージェントのすごいところ!
  • まず、自宅に近い会社の管理職求人を紹介してくれます。
  • どこを探してもないような信じられない求人が真っ先にメールで配信されてきます。
  • 自宅近くに大手通販サイトの工場が建設中だったのですが・・すでにその工場の工程管理マネージャー職の募集を紹介してくれました。
  • 圧倒的なスピードもあります。
  • 普段は大手求人サイトで見かけないような会社の求人。それは本当に信頼できるレアな求人。勤続年数が長い会社ばかり。

40代の転職でも前向きに企業に推薦してくれる

転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

【四十代の転職】四十代の転職の成功とは、年収アップではない!

エノ(汗)

法人営業か・・・。確かにやる自信はあるけど、ハンパじゃないプレッシャーだな。1億円とかの取引を請け負うのか・・・・。

その頃の筆者はメンタルが弱っており、自分の実力を全て引き出せない状況にありました。

確かに、39歳の時、三菱地所や三井不動産などの超一流企業の法人営業職へ挑戦した経験もあり、再び人生をかけてコミュニケーション力を全面に出し勝負するのも悪くないとは思いましたが・・・

パソナキャリアでの法人営業職挑戦記事をぜひ!

転職エージェント

法人営業の他だと、製造業の管理職候補とかはいかがですか?マネジメント業務が活かせますし、土日祝も休めますね。

筆者は、高年収だけが四十代の転職成功とは考えていませんでした。

  • 転職先で上手くやっていきたい。
  • 転職先でやめないで長く働き続けたい。
  • 転職先で自分の居場所を確保し、家族に心配をかけたくない。
  • 転職先でそんなに高給料でなくても、平和なメンタルで働き続けたい。

自分の本音をリクルートエージェントに話してみました。

すると・・・

転職エージェント

製造業にしましょう。工場にはお客様は来ませんし、レジもありません。その日の生産が終われば仕事は終了。しかも管理職での挑戦ができますので、小売業ほどの長時間労働もなく、確実に土日祝が休める環境です。

年収はそれほど高くはないですが、安定して長く働くことを第一に考えるなら製造業、と強く語ってくれました。

法人営業職は、上手くいっているときは自信もつき最高ですが、売れない時は本当に地獄です。

高年収が狙える代わりに、メンタル的には強いプレッシャーがかかり、人によっては耐えられず早期退職してしまう人もいます。

エノ(汗)

工場か。よし。正社員で最低限の収入があるなら長く働きやすい環境の方がいい。製造業にしよう。

このように感じ、製造業への異業種転職を目指し四十代で転職活動を始めたわけです。

これだけは、確実にはっきり断言できます。

四十代で高年収の東証一部上場の有名企業に転職しても、すぐに辞めたら転職失敗です!

【四十代の転職】四十代の転職での成功とは、長く働ける居場所を勝ち取ること!

四十代の転職で唯一無二の成功と言える結果は・・・

四十代で転職し職場で自分の居場所を作り、辞めないで職場で生き残り続けること。

これは、四十代で転職するにあたり、収入や休日、福利厚生などの細かい条件などは全て超越した、圧倒的な現実です。

四十代では、複数回転職することはメンタル的にもひどく負担がかかり、家族や親族にも不安を与え何より自分の人生の未来を不安に感じてしまいます。

エノ(泣)

筆者は、四十代で2回目の転職をしました。一社目はブラック企業そのもので、我慢して生き残るにも限界があり、相当なメンタル負担を抱えました。

そして、四十代の転職活動でも、冷静な判断ができずに、年収300万円の仕事や年間休日86日のエリアマネージャーの仕事など、はっきり言ってブラック求人に近い内定を数多くもらい、妻に助言をもらいなんとかまともな職場に転職することができました。

エノ妻

本当にひどい会社の内定をとってきて正気を失っていると感じました。

この記事に内定を辞退した企業の詳細などを執筆しました。

【四十代の転職】実際に小売販売業➡️製造業へ四十代で転職した実話体験談。

煎餅の製造工場に転職した筆者の様子
内定証をさらす!四十代を勇気づけたい!
エノ(泣)

年収500万円は最低と妻と話しており、書面で500万円、実際は決算賞与も出るので年収600万円は確実な製造業に転職できましたが・・・

リクルートエージェントに採用企業から報酬が入るのは、企業に3ヶ月勤務継続できた時です。

つまり、企業は3ヶ月の間に使い物になるかどうかを見極めるというわけです。

地獄のような研修期間でした・・・。

45歳でやっとまともな会社に入れた職場環境はこの記事に詳しく記載!

やっとの思いで生き残り、賞与ももらえるまで勤続できています。

エノ(泣)

毎日怒鳴られ、完全に潰しに来ていました。いきなりマネージャー候補として入社したら、先輩社員は面白くありません・・・。

詳しい3ヶ月間の内容は、添付の記事をぜひご覧ください。

詳しく記載されていますが、決して悪い企業ではない中小企業でも安定性抜群の企業に四十代で転職することができました・・・。

エノ妻(涙)

本当に長く働いてほしいわ。もうこりごり・・・

妻にも心配をかけましたが、四十代で転職するのは自分だけのメンタル消耗ではすまないのが本当にキツイです。

家族や両親にも場合によっては心配をかけ、無職にでもなったら世間体なども気になり、子供を学校へ通わせられるかなど、さまざまな不安に押しつぶされそうになります。

四十代で本気で転職を考えるなら、在職中に並行して転職活動をしましょう!先に無職になってはいけません!

【四十代の転職】製造業を選んだのは土日祝・年末年始が休めるから。製造業に憧れてやりたくて入社したわけではない。

繰り返しますが、筆者は製造業で働きたくて、製造業の工場での仕事を夢見て四十代で転職したわけではありません。

筆者が製造業での工場勤務を四十代で転職先に選んだ理由は・・・

  • 家から通えて、転勤・単身赴任がない。
  • 土日祝日・年末年始が休めて、家族との時間が取れる。
  • 年収500万円はもらえて、最低限の生活はできる。
  • 残業は繁忙期は仕方ないが、なるべく少なくする努力を企業がしている。
  • オリエンタルランドの独占契約企業で絶対に倒産しない企業だった。
  • 生活リズムが安定し、副業ができる!

主な理由はこの6つです。

この条件を満たしているなら、製造業でなくても仕事はなんでもよかった、というのが本音です。

工場なので、力仕事や汚れ仕事もあります。

しかし、それ以上に魅力なのが安定性とプライベートの時間の確保です。

エノ(泣)

小売業・販売業での管理職時代は、年末年始が嫌で嫌で仕方がありませんでした・・・。

それが今は、年末年始に7〜8連休がもらえるのです。

エノ妻

家族でゆっくりできる時間を取れるようになったのは大きいわね。

土日に子供達と出かけたり、家族でショッピングモールに行ったり、旅行の計画もできたりと、土日祝日が休めるというのは本当に充実した時間だと実感できました。

その他にも・・・ブログやWEBライターなどの副業もできるようになったのは非常に大きかったです。

収入の全てを会社からの給料だけに頼っていると、会社でうまくいかなくなった時に本当にメンタルに負担がかかります。

しかし、収入の柱が2本になると、不思議とメンタルは安定してきます。

エノ

筆者は、ココナラに登録しゲームの攻略記事を1記事6,000円で執筆し、同じ顧客から毎回継続して依頼を貰えています。

ココナラに登録するなら
ココナラ簡単登録

筆者紹介コード S7YB2K こちらを使うと1000ポイントもらえます!

ココナラで記事を書く仕事はたくさんありますよ!

クラウドワークスに登録するなら


在宅でパソコンでの仕事がたくさん見つかります!

四十代が登録するべき転職エージェントを詳しく解説

【四十代の転職】四十代の転職での例外的な挑戦。それが「脱サラ」

脱サラを考えているサラリーマン
エノ

そして、残りの人生でやってみたいことも見つかりました。

会社で働くということ自体、筆者は嫌なのを我慢している状態で転職しており、仕事とは基本的に我慢が必須なことだと覚悟して四十代で転職しました。

残りの半生、本当にやりたいことってなんだろう?

それが今の仕事ではないことは最初からわかっていました。

現職は、生活するために選んだ仕事で、やりたくて選んだ仕事ではありません。

しかし、土日祝日休みで、メンタルが徐々に回復し、やりたい事、目標を考える余裕ができてきました。

そして、残業するなら自分のために・・・働くなら自分のために働きたい。

社畜として働くより、人の評価に人生を左右されて上司の気まぐれで人生を決められてしまう会社員生活より、自分で努力した分自分に全て返ってくる仕事がしたいと思うようになりました。

エノ

自分で居場所を作り、自分の力で稼いでみたい・・・

ブログやWEBライターの副業で月に5万円以上収益が出るようになり、会社からの給料以外の収入が出るようになった時、自分で経営をしてみたいと真剣に考えるようになりました。

これは、四十代の転職でライフワークバランスが向上し、副業に挑戦したことで生まれた自分の心の奥底の本当の気持ちです。

それには、脱サラして独立し、自分でできる仕事を探すという選択肢が一番可能性があると確信し、フランチャイズでの独立の情報を調べるようになりました。

【四十代の転職】フランチャイズで加盟店に応募して個人事業主。これは大正解!

まずは、アントレに登録してみましょう!


四十代なら、転職よりも脱サラを選ぶ方が良い場合があります。

ある程度の資金があり、家族の同意も得られ、奥様の協力も得られるのであれば、フランチャイズの資料を取り寄せてみませんか?

エノ

筆者は、カフェのオーナーになりたい、なってみせる。と思うようになりました。

コメダ珈琲をはじめとする、カフェのオーナーになりたい。

そのために資金を必死で貯めることに、生きがいを感じるようになりました。

フランチャイズには、低資金で独立開業できる加盟店や、加盟金無料のものまでさまざまな業種があります。

Amazonの配達員などはほとんどが個人事業主として自分の好きな時間に働いており、収入も安定しています。

そもそも、会社で定年まで働くという選択肢自体が良くないと筆者は考えます。

生活するには仕方がないにしろ、他に人生の目標を持たないと、仕事でも抜け殻のようにやる気が出なくなり、結局職場でうまくいかなくなる負の連鎖が起こります。

四十代でビズリーチやリクルートダイレクトスカウトなどのハイクラス転職ではない、現実的な転職を目指すなら、仕事以外に趣味やプライベートの充実、副業などの別の目標を持って生活しないと、人間はダメになってしまいます。

メンタルの状態を正常に保つなら、何かを目指す目標は絶対に必要で、それは四十代に必須です。

何からしたら良いかわからない場合、まずはフランチャイズの総合サイトなどで興味がある業種を見てみましょう。

資金が必要であれば、融資という選択もあり、フランチャイズ本部がサポートしてくれる場合が多いです。



【四十代の転職】四十代の転職は副業前提で決めるべき。副業が本業になることも稀にある!

ブロガーの中には、専業でブログだけで月収100万円とか、ブログだけで生活している人もいます。

もちろん、少数派の大成功者で、ほとんどが副業ブロガーです。

エノ

このブログ、Revenge Job Changeも、月に数万円の収益を出せています。

転職エージェントに四十代で登録し、四十代で転職成功した人から問い合わせメールをいただいた時は本当に書いていてよかったと感じることができました。

稀にですが、ブログで本当に食べていけるようになる人もいます。

筆者も、専業ブロガーと仲良くなり、X(旧Twitter)で交流したりしています。

四十代で転職するなら・・・

ライフワークバランスを優先し、副業をやる前提で転職先を探しましょう!

副業で一番早いのは、ココナラに登録することです。

ココナラなら、自分のできることがなんでもお金に変わります。

WEBライターやデザイン、イラストの作成やアイコンの作成など、パソコンがあればできる副業もあれば、家具の組み立てや電球の交換、悩み事の相談や恋愛の相談など、さまざまなサービスが乱立しており、実に活況です。

ココナラに登録したい方はこちらをクリック

ココナラに登録するなら
ココナラ簡単登録

筆者紹介コード S7YB2K こちらを使うと1000ポイントもらえます!

ココナラで記事を書く仕事はたくさんありますよ!

四十代には、ブログ執筆もおすすめです。

筆者も、四十代までさまざまな経験をしてきて、それを記事にすることで人の役に立てている実感があります。

WordPressというツールを使いこなすのはそんなに難しくありません。

エノ

筆者は、ヒトデさんというカリスマブロガーの記事を参考に、記事を書けるようになれました。

ヒトデさんは、ブロガー界でナンバーワンと言っていいほど有名で、ブログを始めたい人に無料で情報を提供しています。

そのブログを、ここに添付しますので、ブログを始めたい人はぜひ、ヒトデブログを参考にしてみてください。

このブログを参考にすれば、誰でも1からブログを作ることができます。

興味のある方はぜひみてください。

ブログ副業は本当に楽しいし、仕事終わりが楽しみになる大きなヒントになりますよ。

【四十代の転職】四十代の転職は全て地獄。まとめ

大企業に四十代で転職して生き残れますか???

四十代の転職は全てがメンタルにかかっていると言っても言い過ぎではありません。

四十代の転職は結論を言うと、全てが地獄です。

ビズリーチで大企業に引き抜かれたとしても、そこにはエリート社員がすでに大勢いて、いきなり上司となる四十代のあなたを見る目は厳しいでしょう。

年収がアップするということは、それだけ責任もアップするということです。

仕事内容が何も変わらないのに年収だけアップするわけがなく、結果を出せなければどうなるかは想像できるはずです。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどでハイクラス転職で入社できたとしても、その企業で生き残るのは本当に難しはずで、四十代転職地獄そのものです。

四十代の転職は、どんな転職でも地獄なのです!それが現実です。

リクルートエージェントを主に頼り、現実的な正社員での転職を四十代でしても、また地獄が待っています。

それは、高年収や役職を放棄したことでのみじめな給料や年下の上司にパシリにされたり、怒鳴られたりすることもあるからです。

重要なのは、その地獄の環境を最初から覚悟して四十代の転職を断行できるかどうかです。

四十代で転職するということは、何もかも問題が解決し、メンタルも良くなり完璧に仕事が楽しくなる・・・なんて夢みたいなことは絶対に起こりません。

どこに行っても地獄で、地獄の業火に耐える覚悟を持って飛び込めた人だけが成功できる世界なのです。

四十代の転職を究極の2択で表現すると・・・

四十代の転職究極の2択
  1. 転職先で四十代から定年まで生き残った人が成功。
  2. 転職先で四十代から耐えきれず途中でリタイア(退職)してしまった人が失敗。

このようになります。

四十代で転職するということは、地獄の中に自ら飛び込み家族だけは守る、といった覚悟を持った人だけが成功できる非常に厳しい世界です。

ただ、令和の転職市場は四十代に大きな可能性を問いかけています。

四十代でも異業種への挑戦はできる時代になってきています。

また、副業をきっかけに独立する人も増えてきており、四十代で転職するなら副業は前提での転職活動がベターです。

是非、四十代で転職するなら、まずはリクルートエージェントに登録し、非公開求人を紹介してもらいましょう。

エノ

自宅から通える求人をしっかり紹介してくれるのが凄いと感じました!

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトにも四十代なら登録するべきで、どんな声がかけてもらえるのか見てみるのも良い選択肢だと考えます。

ですが、四十代でキャリアを求めて転職するよりも、ライフワークバランスを重視して副業を視野に入れた転職をする方がよっぽど現実的で、自分の将来を見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

筆者も、その一人です。

四十代で小売業から製造業に転職し、何もかもが変わりましたが、土日祝日が休めること、家族の時間が取りやすくなったこと、副業ができるようになったことは非常に大きいと感じています。

そのおかげでメンタルが回復傾向で、五十代の目標もできて、必死に資金を貯蓄しています。

この記事を読んでくれた人は、きっと四十代でも転職する意味をわかっていただけたはずです。

今後も、四十代での転職を全力で応援する記事を書いていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回記事をご期待ください。

このブログは、有料テーマ「SWELL」を使って執筆しています。

ヒトデブログで知識をつけたら、誰でもブログで副業を始められます。

40代・50代で収入が少なく我慢して働いている皆さん。

SWELLを使ってブログを一緒に書きませんか。

当ブログも、少ないですが毎月おこずかい程度に収益が出ています。

40代・50代のつらい経験などを若者に伝えるためのブログや、失敗した経験談などを記事にするのです。

ブログは、自宅でパソコンがあればできますし、スタバやガスト・コメダ珈琲などでも最近はやっています。

人生で「ああすればよかった」「あの時違う方を選んでいれば・・」など、40代・50代には後悔がたくさんあります。

それを、記事にしてみませんか?

それを若者が読んでくれたら、同じ失敗をしないで人生を歩んでいけます。

人の為になる、有益な人生の経験を記事にすることで、収益が生まれるのです!

SWELLとエックスサーバーを契約すれば、ブログを始めるのは簡単です。

一緒に40代を副業で豊かなものにしていきましょう!

40代転職地獄ブログ特集(実話)

最新記事

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。居心地居場所を作るデザインブログも同時運営中。
Your Own Place~居心地の良い場所を作ろう〜
https://design-home-appliances.com/

40代での転職を徹底支援します!

コメントする

CAPTCHA


目次