40代の転職を実現する方法とは?

【40代転職やめた方がいい?】それは間違い。40代の転職で人生取り戻そう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

<この記事を読んで解決する悩み>

40代で転職を考える人の良くある悩み・・
  • 転職なんてやめた方がいいよな・・・。
  • 転職なんて、家族に言いずらいしやめた方がいいのかな・・・?
  • 最後の転職で勝負したい。けど転職回数も多いしやめたほうがいいかな?

<本記事の信頼性>

当ブログ管理人
エノ 

<プロフィール>

  • 小売業大手3社で店長歴15年。
  • 40代で異業種への転職を複数経験。地獄をみる。
  • 大手小売店店長 ➡ 大手食品工場マネージャー ➡ 米菓工場
  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳内
  • ステンドグラス手作り体験工房「denkoubou」専属WEBライター
しかし昔の話なので時効です。店長になる前の物。身バレ防止の為
直近でのイジメブラック工場の名刺

現在の企業の内定通知書。リクルートエージェントにより管理職採用されました。

現在在職中の米菓工場の内定証。44歳でのキャリア採用に成功
この記事を読んでわかる事
  • 結論、40代は転職するべき!
  • 40代で転職をすると、年収を上げられる!
  • 40代で転職するのは、もはや当たり前の時代。
  • 40代は転職エージェントを頼ろう!
  • ミイダスで自分の市場価値を知る事から。
  • 40代で転職して、家族との時間を作る!
  • 企業は、今充実している企業の役職にいつ人を、さらに好待遇で引き抜きたい!
ほんとに?

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

エノ

当ブログへお越しいただきありがとうございます。

結論:40代転職やめたほうがいい。は絶対に間違い。古い昭和の考え方です!

今回は、40代で転職する事がすでにやめた方がいい。

そんな古い昭和時代の考え方の人に目を覚ましてほしい。

そういう想いを込めて、記事を執筆させて頂きました。

40代で転職せずにいると、死ぬときに絶対に後悔しますよ!

それくらい重要な分岐点だと考えてください。

40代で転職をやめた方がいい。40代というだけでそう考えるのは、もはや昭和の人の一部の古すぎる考え方。

目次

40代転職はやめた方がいいのか?結論40代こそ転職すべき時代!

エノ

40代全員が転職したいわけではないですよね?

現在、公務員だったり、会社で重要なポジションにいて仕事に満足している人も40代にはいます。

しかし、そういう現在に満足しているポジションにいる人ほど、更に良い環境に転職できるのが今の時代。

40代、人生を考え直す良い年代です。

今の時代、40代で転職を決断する事で、知らなかった充実感をさらに手に入れる事が出来る時代。

40代、転職はやめた方が良い。という定説は完全に終わりました!

エノ

例え今転職を考えていなくても、ダイレクトリクルーティング型のサイトには登録しておくべきです。

ダイレクトリクルーティング型に登録すると?
  • 企業の人事から直接スカウトが届く。
  • 現在のポジションよりも良いオファーが届く。
  • 企業は優秀な人材が経費をかけてでも欲しい。
  • 今充実している人ほど、さらに良い条件で引き抜きたいのが大企業。
  • 就職氷河期に挑戦出来なかったような大企業から声がかかる事さえある!

たとえいま転職をする気が無くても、今の状況を登録するだけでも価値があるサイト。

是非ビズリーチリクルートダイレクトスカウトは登録してみましょう。

比較紹介の記事をご覧ください。

この記事の後半にも詳しく記載していますので、是非最後までお読みください。

40代転職、何の為に働いている?40代転職はやめたらそれで人生そのまま!

エノ

40代のおっさん達は、何の為に働いていますかね?

生活の為。

家族の為。

自分の為。

生きていくため仕方なく・・・

色々な意見があると思います。

ここで、生活する為、とか家族に飯を食わせる為、生きるために仕方ない為、と思い浮かんだ40代!

40代は転職はやめた方がいい。と聞いた事があるでしょう?

エノ(怒)

それはもう昔の話。今は40代こそ転職しなければならないし、我慢しているなら人生台無し。

今、勤続が長くそれなりのポジションにいるなら、かつての就職氷河期時代に諦めた大企業に、今の年齢でスカウトされる可能性があるんですよ?

今40代で転職をしない方がいいと弱腰の人。

最低でも、今の自分が一般的にどのくらい価値があるのか、外の世界を知るべきです!

そういう人は間違っています。

確かに今安定していれば、無理して動かない方が良いでしょう。

それでも、外の世界を知る為に情報は入る様にしておくべきです。

そういう人ほど、ステップアップしやすい時代なので、「え?マジで?」と思う企業が経費をかけてあなたを欲しがる時代が来ているのです。

40代の転職が当たり前の時代になる。既に始まっている!

労働力調査(詳細集計) 2022年(令和4年)10~12月期平均結果 第1-2表 年齢階級別転職者数及び転職者比率

データをグラフ化。

エノ

データを見てもわかるように、45歳~54歳までの転職者割合が18%もあり、ここは管理職層です。

【リクナビネクスト】年齢別転職者データ 転職回数は不利にならない!

転職回数が多い事が、全く不利になる時代は昔。

そのことを裏付ける大手転職サイトの記事も既に世の中に大きく書かれています。

なぜここまで40代の転職が増えてきているのか・・・。

理由は簡単です。

単純に、団塊世代が定年を迎え、一気に人手不足が進んでいるからです。

5年前までは、若手を採用し育てる、というのが定説で、転職年齢35歳限界説が一般的でした。

しかし、2022年のデータを見ると、40代以上の転職の構成比が一気に増えており、40代以上でも転職可能な時代が来ています。

その事を知らず、「どうせむりだよ」と全く動かないでいると、本当に後悔してしまう年齢。

それが40代です!

就職氷河期世代、40代転職やめた方がいい?今40代転職をやめたら後悔します!その根拠とは?

エノ(汗)

今がまんして仕事をしている40代の同志達へ

筆者も、正直その一人。

40代で異業種へ転職しましたが、想定外のブラック企業さに驚きと戸惑いは正直あります。

しかし、前職よりは改善されました。

店長時代の問題点
  • 転勤が多すぎて単身赴任生活が長く、家族と会えない・・・
  • 土日祝・年末年始が全く休めない・・・。子供の行事に参加できない。
  • 実家にもろくに帰れず、両親とも何年も会えていない・・・。
  • 残業時間が長く、帰って寝るだけの生活。
  • 休みの日も私服で職場にいる生活。休みはほとんどない。
  • モチベーションにあふれていたのは20代だけ。30代過ぎると現実がわかってくる。

これらの問題を、異業種へ転職する事で解決できました。

転勤、単身赴任はなく、時間も早めに帰れて毎日家族と夕食を食べられています。

確かに、工場での仕事は社会的地位も低く感じます。

前職の方が圧倒的に責任感もやりがいもありました・・・。しかし、心を壊しました。

今はこうしてブログを書くことも出来ていますが、年収は下がりました。

40代になって強く思う事は・・・

エノ(泣)

新卒時代に、なぜ小売業を選んだんだろう。
もっと他の選択肢になぜ興味を持てなかったのだろう・・・

ということです

40代は、新卒時は就職氷河期世代でした。

その時に、大企業や公務員を目指してその価値を知っていれば、40代でこのような思いはしていなかったかもしれない。

就職氷河期の新卒時に希望の企業に入れましたか?それでも40代転職やめた方がいい?

エノ(泣)

就職氷河期、大手企業は採用が少なく、妥協した人が数多くいました。

筆者は、就職氷河期の当時、目標も特になく、アルバイトの延長線上で大手の総合スーパーに入社し、半年後に大破綻という凄い経験をしました・・・。

目標をもって公務員や大きな企業を目指す人には、就職浪人という選択肢もたくさんあり、大学を卒業したのに専門学校へ行く人さえいました。

今の時代は、就職氷河期とは真逆です。

大転職時代と呼ばれ、転職経験のない人ほど、「勇気がない人・行動力のない人」と判断される時代が来ています。

現実、40代の就職氷河期世代は、新卒時に悔しい思いをした人がたくさんいるのです!

そんな人ほど、転職を繰り返してしまっている現実があります。

納得のいく環境を探すのですから、当然ですし、考えても見てください。

転職できるという事は、それだけの内定を何回も貰っている企業から選ばれているという事。

40代で、何かしらの管理職の経験をしていれば、新卒時にかなわなかった大企業に転職できる可能性まであるのが今の時代。

リクナビネクストでも、転職回数は気にならない。

それよりも在職期間が短いことに注目すると言った採用者の意見が数多く記載されています。

40代転職、今こそリベンジできる時代到来。それでも40代転職やめた方がいい?

エノ

筆者は、40代で異業種へ転職しましたが、まだ転職があっても良いと考えています。

前職の大手小売業の店長時代の問題は、大きく改善し、40代で異業種へ転職した一定の成果は出せたと考えています。

年収は100万円下がりましたが・・・。

しかし、それと引き換えに失ったものもあります。

それは・・?

仕事への情熱。やりがい。

以前は、やればやる程、評価や給料に影響があると感じられていました。

若い頃は特に、がむしゃらに仕事に地理組むことで、「評価」や「認められたい」という強い気持ちを持っていました。

しかし・・・

今の工場での職場は、本当に生活の為だけにがまんして仕事に行く毎日です・・・。

仕事への情熱ややりがいと、ライフワークバランスや家族との時間。

その両方を充実させられる仕事があるなら、迷わず転職を45歳でもするつもりです。

40代転職やめた方がいい?40代で異業種へ転職したら家族との時間を持てた!体験談!

40代で転職を悩み、やっぱりやめようかな。

そう考えている人に、絶対転職するべき具体例などを、筆者の体験からお伝えしていきます。

今の環境から変わる事への恐怖や心配より、手に入れた物の大きさの方がはるかに大きいです。

そういう転職が今の時代は出来ますし、仕事を選べる時代です。

エノ(汗)

今の仕事は、本当にやりたい仕事ですかね?

たとえやりたくない仕事だとしても、家族との時間や趣味の時間を取れていますか?

仕事よりも大切なものに、気が付けていますか?

40代で異業種に転職し手に入れた家族との時間。転職やめた方がいいの?

前職は給料は今よりも100万円ほどよかったですが、時間がほとんどありませんでした。

これでは・・・

「何の為に生きてるんだろう。この会社でどうなりたいのだろう?」

こう思うようになってきます。

誰でも同じだと思います。

店長時代の問題点
  • 転勤が多すぎて単身赴任生活が長く、家族と会えない・・・
  • 土日祝・年末年始が全く休めない・・・。子供の行事に参加できない。
  • 実家にもろくに帰れず、両親とも何年も会えていない・・・。
  • 残業時間が長く、帰って寝るだけの生活。
  • 休みの日も私服で職場にいる生活。休みはほとんどない。
  • モチベーションにあふれていたのは20代だけ。30代過ぎると現実がわかってくる。

これらの問題を、異業種である工場の管理職マネージャーへ転職する事により・・・

店長時代の問題点工場MGRの現在
  • 家族と暮らせて毎日夕食を取れるようになった。
  • 土日祝も休めるようになり、家族と出かけられるようになった。
  • 実家にも帰れるようになり、両親にも心配をかけたが良かった。
  • 残業時間は、前職程長くはない。それでも気にせず定時に帰るようにしている。
  • 休みの日は一切会社に連絡しない。あまり電話も来ない。

生活スタイルのかなりの部分が解決できました、

しかし、モチベーション。これだけは解決できなかった・・・。

仕事への情熱や、やりがいは完全にうしなってしまいました。

エノ(泣)

工場勤務は、前職よりも社会的地位が低いと感じてしまったのです。本当に最底辺の環境なんだなぁと感じています。

そのモチベーションを、新たに手に入れた「時間」で副業を始める事により、補う事に成功しました!

それが、この「40代転職ブログ」です!

40代転職活動をやめた方がいい?毎日家族と夕食、副業ブログを書く時間も手に入れた現実!

家族団らんの時間

現在抱えている仕事での不満や問題、現実。

それらは、転職しないと解決できない問題ではないですか??

40代、確かに転職するのは勇気がいりますよね。

それでも、40代で転職はやめた方がいい。

それは間違っていると断言します。

筆者は、20年以上かけて積み上げた小売業でのキャリアを捨てて、家族との時間が取れる異業種を探しました。

自分が抱えていた大きな問題は、同じ小売業の転職では解決できない。

転職エージェントに相談し、その現実にやっと気が付くことができたのです。

40代の転職は、やめたほうがいい?それは絶対に間違いです。

40代が、人生を後悔しない為に方向転換できる最後のチャンスだからです!

筆者が相談した転職エージェントは、パソナキャリアとリクルートエージェントです。

特にパソナキャリアの転職エージェントはアツく「今転職しなかったら人生後悔しますよ?」と説得してくれました。

小売業の店長。

管理職で抱えていた問題を解決できる異業種を、40代までの経験を整理してくれて、チャンスのある同じ管理職での採用求人を探してくれました。

給与も最低限のダウンで済み、いままでの社畜生活がウソのように、しっかり休みも取れるようになりました。

なにより、こうしてブログで、同じようなつらい状況の40代の仲間たちに、経験を伝え、心を動かす記事を書けていることに充実感を感じています。

40代転職やめた方がいい?今仕事が充実している40代も外の世界を知るべき!

今、40代で公務員で長期間勤務できている人は、就職氷河期時代に公務員内定を勝ち取った人。

超優秀な人材ですね。

今の仕事にやりがいを感じ、収入も時間も全て納得がいっている40代。

エノ(汗)

メチャクチャ羨ましいですね。

そういう一部の優秀な40代は、40代での転職に興味がないのでしょうか??

40代は転職をやめた方いいの?自分の市場価値だけでも調べよう!

エノ

ミイダスという転職サイトを知っていますか?

「ミイダス」は、200万人の年収データと転職実績データを元に市場価値を計測できるサービスです。

20以上の質問に答えていくと、その場であなたの推定年収を「◯◯万円」という形式で表示してくれます。

さらにその年収や経歴などの情報をもとに・・・

企業から”面接を確約されたオファー”を受け取ることも可能です。

つまり、ミイダスに登録するだけで、書類選考をせずに企業の人事と直接会ったりできてしまうわけです。

そこまでしなくても、「自分ってどれくらいの年収貰うのが普通の感覚なのかな?」と調べる事が出来ます。

登録して20程度の質問に答えるだけなので、超簡単で40代で転職を少しでも考えた事がある人なら超おススメです。

ミイダスで市場価値を知ろう!

40代転職はやめた方がいい?充実している人こそ登録すべきビズリーチ!

テレビCMで盛んに放送されています。

このハイクラス転職サイトは、現在充実している人に、更に好待遇で引き抜きをするために存在しています。

エノ

筆者には、弁護士で年収1200万円の中学からの友人がいます。

彼は、現在の待遇でも十分だと言っています。

久しぶりに食事で話をしたとき、試しにビズリーチに登録してみたら?と話してみました。

昔から頭が良く、中央大学の法学部に行った時にはびっくり仰天したものです・・・。

いずれは独立して事務所を開きたい・・と言っていますが、登録するだけならやってみようか・・・となり・・・。

弁護士の友人

別に転職するつもりもないけど、やってみるか。1億もらえるなら転職しようかな(笑)

いやいや、さすがにそれはないやろ・・・。

でも倍くらいの給料ならあるんじゃないの?とか言ってたら次の日、LINEでメールが来ました。

弁護士の友人

年収3,000万円の大手法律事務所からオファーが来たんだけど・・・(^^;)いかないけどちょっと驚いたね。

電話したら、笑っていました。

弁護士の友人

今の事務所気に入ってるから、別にそこまで転職にこだわってはいないけど、ビビったよ。でも家から遠いからやめとくよ。。

エノ(汗)

マジかよ?倍以上の給料になるのに行く気もないの?年収1,000万超えるともはやお金よりほかの部分に目が行くんだね。

彼は、買ったマンションから遠くに通うのが面倒なのと、妻との時間も大事にしたいから別にいいや。

と言っていました。

・・・・。マジかよ・・・。

つまり、こんなことも起こってしまうのがビズリーチ。

年収500万円で登録して、700万円の求人を紹介されたり、人事から直接スカウトが来ることも良くあります。

現在、管理職で不満を抱えている40代なら、登録だけでもしてみる価値はあります。

※注意 年収500万円以下だと登録できません。

興味がある企業から話が来たら、話を聞くだけでも面白いかもしれませんよね。

有料のプレミアムステージは、凄い大手の求人がたくさんありますし、詳しくは関連記事をご覧ください。

40代転職はやめた方がいい?なわけないのがリクルートダイレクトスカウト!

これも毎日テレビで見ますよね。

リクルートダイレクトスカウトは、ビズリーチのライバル的なスカウト型のサイトですが・・

登録に審査がありません。

在職中に登録しておいて、企業のヘッドハンターにスカウトされるのか見るだけでも良いです。

詳しい情報も関連記事に記載しています。

40代がメインターゲットだけに、管理職の経験さえあれば、絶対に登録すべきです。

転職を考えていない、企業で重要なポジションにいる人を、更に好待遇で経費をかけてでも引きぬきたい大企業がたくさん登録しています。

40代転職やめた方がいい?それは間違い。まとめ

40代なら人生最後の挑戦をしよう!
エノ

40代で転職なんてやめた方がいいよ。という人は時代についていけていない人です。

今後の時代は、40代こそ転職が盛んになる、40代転職時代が来ます。

40代の、経験があるリーダーシップを持っている人材を企業が奪い合う時代が来ます。

今の時代は、40代が経験した就職氷河期時代ではないのです!

40代で転職回数がない人は、価値がない人になってしまいます。

時代は移り変わり、同じ会社にずっと務めても、年収が100万上がるのには何年かかるでしょうか?

スカウトでの転職なら、一瞬で年収が倍増する時代になってきています。

転職エージェントも、年収の交渉をしてくれるので基本的には年収が上がりますし、勤続年数で年収を上げるよりはるかに可能性があります!

年収もそうですが、筆者が一番40代で転職すべきと薦める理由は、環境を変える為です。

エノ

筆者は、家族との時間とブログに出会い、仕事の後が楽しみになりました。

仕事だけが人生ではない。

仕事だけを一生がむしゃらにやって、全員社長になれるわけではありません。

筆者は、工場という社会的立場が低いと感じる仕事についていますが、それ以上の充実感を40代で手に入れました。

それこそ、家族で旅行にも行けるようになりました。

家族で、夢だったユニバーサルスタジオジャパンにも旅行に行けました。

前職だったら、考えられない時間の確保。

40代で思い切って異業種へ転職したことで、ここまで生活が変えられたのです。

結論:40代転職やめたほうがいい。は絶対に間違い。古い昭和の考え方です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからも40代を助ける記事をたくさん書いていきます。

前職の大手小売業時代の年収を時給にしたらいくらだったのか?

それを記事にしましたので、気になる人は見て見てください・・・。

40代転職地獄ブログ特集(実話)

最新記事

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。スマホゲーム攻略特化BLOGも同時展開中。
戦艦帝国攻略BLOG https://eno-nikki.com

目次