\ ポイント最大11倍! /

40代での転職を2回経験し、40代での転職の厳しさと職場で長く生き残る方法を徹底解説!40代での転職で最善の選択をする方法とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
40代求職者

40代での転職で一番重要視する条件って何?

40代求職者

これ以上転職を繰り返したくないのが本音だよね。でもどうやって調べる?

結論:40代での転職の絶対条件は、「長く働ける環境」です!

<この記事を読んで解決する悩み>

この記事を読んで欲しい人
  • 40代での転職で頭が真っ白でどうしていいかわからない人。
  • 40代での転職で何を最重視すべきか、メンタル的にまいっている人。
  • 40代での転職で人間関係の良い職場に行きたいが調べる方法はないかな??

<この記事を書いた人>

40代で人生に行き詰まった人を同じ立場で助ける記事を書くブロガー
エノ 

<プロフィール>

しかし昔の話なので時効です。店長になる前の物。身バレ防止の為
直近でのイジメブラック工場の名刺

現在の企業の内定通知書。リクルートエージェントにより管理職採用されました。

現在在職中の米菓工場の内定証。44歳でのキャリア採用に成功

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

自分の市場価値を調べませんか?

転職活動、面接などで希望年収を聞かれた際、ある程度の基準になります。

まず、ミイダスに登録して自分が主張できる年収をざっくり把握しましょう!

今の年収が適正なのかどうかも、ある程度簡単に調べられますし、スカウトのメールが企業から直接来ます。

電話勧誘などはないので、安心して登録できます!

こんな感じに主張できる年収がざっくり表示されます

自分の市場価値を知る為には・・

目次

40代での転職は攻めるか守るかの2択!守りの40代での転職が9割の現実!

40代での転職は大きく二つに分かれる。

40代での転職は、大きく2つに分かれます!

40代での転職で大きな分かれ道とは?
  • 管理職で年収や待遇アップを目指し、管理職ハイクラス転職を狙う40代での転職。
  • メンタル的に負担を抱え、事情があり転職せざるを得ない40代での転職。

40代での転職理由ランキングでは、②の理由が100%で1位〜10位を独占しています。(DODAより引用)

エノ(泣)

40代での転職。現実は②番の人が大半です。

②の40代での転職がメインですが、まずは①のハイクラス転職から解説していきます。

これからの時代は、ハイクラス転職の時代が来ます。

すでに現在でも、テレビCMで頻繁にハイクラス転職のアピール合戦が行われ、賃金が上がらない日本は転職でステップアップする方が効率が良いと転職市場が活発になっています。

一昔前は、40代での転職は不可能、地獄、負け組のイメージが強かったですが、少子高齢化の進む日本では・・・

40代での転職は当たり前の時代が来ます。転職経験がない人は評価が下がります!

現に、有名なハイクラス転職のビズリーチやリクルートダイレクトスカウトなど、ダイレクトリクルーティング型ヘッドハンティングサイトは40代がメインターゲットです。

40代での転職が当たり前になり、転職35歳の壁はもう崩壊しました。

しかし、現実はハイクラス転職ばかりでなく、堅実的な一般社員転職や、中には非正規社員に落ちてしまうケースも少なくありません。

エノ

40代での転職をすでに2回している筆者が40代での転職での現実的な転職の魅力と意味を詳しく説明していきます。

40代での転職で人生を攻めるなら、ビズリーチ・リクルートダイレクトスカウトに登録!

ハイクラス転職といえばビズリーチ

ビズリーチは、年収500万円以上で登録可能なダイレクトリクルーティング型ヘッドハンティングサイトです。

エノ

筆者も、ビズリーチに登録し、どんな求人があるのか確認したことがあります。

管理職を目指す40代ならまずはビズリーチ

まず、ダイレクトリクルーティング型とスカウトの違いをおさらい。

エノ

ここで重要なのは、ダイレクトリクルーティング型とスカウトの違いです。

ダイレクトリクルーティング型とスカウトの違い

ダイレクトリクルーティングは、求職者の職務履歴書や経歴書を読み、個々人に対応したスカウトメールを送信することを指します。

一方、スカウトは、企業側の採用要件(年齢・採用エリア・職種など)に合致する求職者に対して一斉送信メールを送る、つまりは母集団に対してアプローチをすることを指します。

ダイレクトリクルーティングに関する記事を参考にする際、記事によっては同じ意味合いで使われていることがあるため、注意が必要です。

両者を比較すると・・・

ダイレクトリクルーティング型
スカウト
  • 転職潜在層など幅広い層にアプローチすることができる(企業側)
  • 狙った人材のみで母集団形成ができる(企業側)
  • ピンポイントにメールをするのでコストの削減につながる(企業側)
  • 転職する気がなかった人が、予想外のメールに振り向いてくれることが多い。
  • スカウトは、企業側の採用要件(年齢・採用エリア・職種など)に合致する求職者に対して一斉送信メールを送る、つまりは母集団に対してアプローチをすることを指す。
  • 個人をスカウトするのではなく、条件の当てはまる人に一斉メールするため、あなた自身に興味を持ってくれたわけではない。
ダイレクトリクルーティング型のメリット
  • ダイレクトリクルーティングでは人材データベースを基に企業側からスカウトを送るので、「待ちの採用」では応募がなかったような人材にもアプローチすることができます。
  • 転職顕在層だけでなく潜在層にもアプローチできるため、従来とは異なる層から母集団形成することが可能となります。
  • 企業の求める人材に絞ってスカウトするので、採用要件から外れた人材の応募がなく企業の求める人材のみで母集団形成することが可能となります。
  • 採用時の報酬単価が高い人材紹介や、採用要件に関わらず幅広くアプローチする求人広告に対して、ダイレクトリクルーティングは狙った人材のみにピンポイントでスカウトを送るためコストが低くなります。
エノ

つまり、簡単に要約すると・・・

  • ダイレクトリクルーティング型は、個人一人に直接メールが出せるので、自分一人に興味を持ってくれたという事。
  • スカウトは、条件のあった人に一斉送信なので、自分だけに興味を持ってくれたわけではない事。

ビズリーチは、その先駆けとなるダイレクトリクルーティング型でのステップアップ転職の最大手となります。

40代での転職でビズリーチに登録する意味とは?

ビズリーチは有名!

最近では、「転職しない人もビズリーチ」と盛んにCMで言われています。

なぜか?

企業が経費をかけてでも、現在活躍する現役の管理職をさらに高待遇で引き抜きたいからです。

人材難の昨今、企業は採用に失敗したくありません。

経費を多くかけてでも、今現在在職中で活躍している人に来てもらいたい、という大企業は数多くあります。

有料プランを一週間無料で使えるプレミアム一週間無料体験というサービスは、かなりインパクトある素晴らしいサービスです。

エノ

当ブログで感謝のメールをいただいた内容なんですが・・・

ビズリーチに登録し、プレミアム一週間無料体験の間にダイレクトメールが2通きて、そのうちの1社に転職が決まりました。本当にありがとうございました。

返事をして少し聞いたのですが、東証一部上場のメーカー企業で年収700万円ということです。

当ブログからステップアップ転職成功者が出たのは嬉しかったのですが、それと同時に有料プランのお試し期間に東証一部の企業からメールが来るのか?とびっくり仰天しました・・・。

有名なあのセリフですが・・・

思いもよらないダイレクトスカウトメールが来る、というのは嘘ではありません。

就職氷河期世代の40代は、成功者が全体数では少ないですが、現在企業で管理職、または管理職ではなくても管理職の仕事だけやらされたいる実力者など、諦めずにビズリーチに登録だけはしておきましょう!

自分から転職先を探さなくても、欲しいと思ってくれる企業からあなただけにメールが来る仕組みです。

もちろん、自分の実力を考え、転職しても転職先で身の丈以上の役職についてしまうと、仕事についていけなくなったり、人間関係で苦労したりしてすぐ辞めてしまっては全く意味がありません。

40代では、とにかく東証一部の大企業に転職できれば良いという考えは捨ててください。

ついていけずに見捨てられている40代での大企業への転職者をたくさん見てきました。

ビズリーチは、非常に魅力的です。

しかし、有名すぎる超大手企業からも声が掛かる可能性があり、舞い上がって転職し失敗、というケースもあるので、身の丈を考え、転職するかどうかも冷静に家族とも相談して判断しましょう。

有料のプレミアム会員になると、超優良企業からのメールが来る可能性が高まります。

エノ

有料会員には、タレント会員とハイクラス会員の2種類の有料会員サービスがあります。

有料タレント会員
有料ハイクラス会員
  • 年収750万円までの求人に応募できたり、ダイレクトメールが来たりする。
  • 自分の実力と照らし合わせ、背伸びしすぎない高待遇求人を選べる。
  • 月額2,980円+税〜と安く、転職活動が長期化してもそれほど負担ではない。
  • 年収750万円以上のハイクラスなポジションの案件に応募できたり、ダイレクトメールが来たりする。
  • 年収1000万円以上の求人が普通にあり、ハイクラス転職そのもので能力が高い人向け。
  • 月額4,980円+税〜で、本当に現役でハイボジションにいる方が登録すべき有料会員。

当ブログでは、タレント会員を全力でお勧めします。

エノ妻

ビスリーチでいきなり年収1,000万円になったら、プレッシャーでメンタル壊す人多いんじゃない?

40代での転職は、内定がゴールではありません。

本当の戦いは、入社後の自分の居場所を作る期間です。

繰り返しますが、すぐ辞めてしまっては全く意味がありません。

そういう意味でも、年収750万円は充分に高収入で、例えば年収600万円➡️年収700万円で長く働ける環境があれば、40代での転職大成功ではありませんか?

自分のキャリアに自信があり、強靭なメンタルを持ち挑戦する40代での転職を目指すなら・・・

\ 年収500万円を一度でも超えたことがある40代/

40代での転職でリクルートダイレクトスカウトに登録する意味とは?

こちらもダイレクトリクルーティング型のサイトです!
エノ

ビズリーチのライバルサイトです。大きな違いは。。。?

リクルートダイレクトスカウトは、審査がないので40代での転職で登録に挑戦しましょう!

リクルートダイレクトスカウトは、完全無料で使えるダイレクトリクルーティング型のサイトです。

40代での転職では、年収が500万円に達していなくても、仕事内容はハイレベルな管理業務をこなしている人はたくさんいます。

ビスリーチは年収500万円以下は無条件で登録できませんが・・・・リクルートダイレクトスカウトなら40代で誰でも登録できます。

こちらも、もし今転職を考えていなくても、登録だけはしておくべきです。

自分から求人を探さなくても、理想的なダイレクトメールがあなただけに届くかもしれません。

エノ

転職回数が多かったとしても・・・

登録するレジュメには自分の一番アピールしたい経歴を一番上に載せて、具体的な仕事内容を数字を含めて断言しながら書きましょう!

アピールしたいキャリア例文

小売業で10年以上管理職・店長として管理業務を経験してきました。経験した最大売上規模の店舗は年商◯◯億円で、年間客数は◯◯人、客単価は◯◯円程度の規模でした。

管理人員はアルバイト・パートを含め総員◯◯名で、うち正社員は◯名程度です。

店舗の売上予算達成は当然ながら、人件費の管理、在庫管理、人材育成管理、イベント管理など、全てを正社員に割り当て自分が責任者として統括し、店舗運営を円滑に進めてきました。

御社でも、この対人関係、人間関係を円滑に組織でリーダーシップを発揮できることは必ず即戦力として活躍できます。

具体的な数字を最初に伝えた後、熱意や行動力などの数字以外の覚悟を見せることで、面接に呼んでもらえる確率は格段に上がります。

40代での転職で年収アップやポジションを狙いにいくなら、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトは登録必須なサイトです。

ステップアップハイクラス転職をお考えなら、40代での転職で攻めるメンタルを持っているなら、絶対に登録だけはしておきましょう。

仕組みも理解できるはずです。

審査がないのが最も魅力的なリクルートダイレクトスカウトは管理職なら絶対に登録を!

\ 大企業からのメールが来やすい!/

40代での転職では大多数が守りの転職。40代での転職で家族を守るために必要な事とは?

40代での転職って、何を一番重要視するべきですかね?

結論:家族との生活と家族との時間を最優先に、自分のメンタルを守ることが最重要です!

エノ(汗)

40代での転職、なるべく最後の転職にしたくありませんか?

エノ妻

40代での転職を2回しているあなたが言わないで。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなど、ハイクラス転職はごく一部の40代での成功者が積極的に活用する現実があります。

ほとんどの40代での転職は、本当は辞めたくないけど何か問題があってどうしても無理だから転職を考える、といったマイナスなメンタルでの40代での転職をする人が多いです。

現実は、40代全員が管理職や会社役員、社長になれるわけではないですよね?

40代というのは、攻める40代でのハイクラス転職に挑戦するのか、守りの家族との時間を大切にできる40代での転職を重視するのかの2択となります。

40代での転職で大きな分かれ道とは?
  • 管理職で年収や待遇アップを目指し、管理職ハイクラス転職を狙う40代での転職。
  • メンタル的に負担を抱え、事情があり転職せざるを得ない40代での転職。

最初に紹介したこの2択での、②の40代での転職は守りの転職です。

エノ(泣)

筆者の40代での転職も、メンタル的な負担に耐えきれず、家族と暮らしたい一心で40代での転職をした一人です。

今回の記事では、ここを中心に執筆します。

40代では、基本的に転職などしたくない人が大多数です。

できれば勤続年数を長く働き、今の環境で定年まで働きたい年齢のはずです。

ではなぜ、40代での転職を選ぶ人が増えているのか?

少子高齢化で、若い世代に管理職を任せる企業が増え、40代がはじかれることが増えているからです。

エノ(泣)

ユニクロで、50代過ぎのおっさんが店頭で接客しているのを見たことがありますか??

昭和の時代とは違い、終身雇用制度・年功序列という壁はなくなり、むしろ若い人ばかり有利な令和時代が来ています。

40代は、ある程度の管理職で早めに降格されたり、遠くに単身赴任になったり、さまざまな方法で会社に残りづらくなり、若手を登用するのが成長企業です。

エノ

はっきりと言いますが、これから40代でも若手と見られる時代が来ます!

40代でも、中小企業なら管理職での求人はたくさんあります。

しかしそれは、転職エージェントに登録しないと見ることができない非公開求人です。

40代で、強すぎるプレッシャーや過度なハードワーク前提でのハイクラス転職を目指すより、中堅社員でも長く、できれば定年まで働ける環境がある中小企業の方が魅力的に感じる人が多いのが現実なのです。

家族との時間を大切にし、年間休日120日以上、残業時間月20時間程度の中小企業を狙うのが40代の人生を変える転職だと、筆者は本気で考えていますし、賛同いただけるメールもたくさんいただいています。

40代での転職では家族を守る事が大前提!40代での転職で求人票の何を重要視すべきなのか?それは・・・

40代での転職で何を重要視すべきなのか?

結論は年間休日、土日祝休み、平均残業時間、社員の平均勤続年数です。

様々なキャリアの40代での転職。

生活スタイルにより40代での転職には様々な理由があることでしょう。

40代では、結婚し子供がいる人も多いはずです。

子供は、小学校へ入学したら、土日祝しか学校は休みになりませんよね?

奥様が正社員やパートで共働きしているご家庭も多いですが、そういう場合でも奥様は土日祝休みの仕事でないと子育てができません。

そうなると、40代のお父さん世代の自分が土日祝関係なく、年末年始やGWなども仕事が普通にある職種だと、家族はどうなると思いますか?

小売業、販売業、接客業、個人営業、飲食業など、土日祝日が繁忙日で休みが取りずらい職種はたくさんあります。

40代の管理職や責任者世代がこれらの業種に転職してしまうと、たいてい失敗します。

小売業や飲食業、接客業らは極度の人材不足に陥っています。

なぜだと思いますか?それは・・・

土日祝日が基本的に出勤で、休みが取りづらく、年末年始もGWも基本的に出勤で残業が多い企業がほとんどだからです。

エノ(泣)

筆者はユニクロやアカチャンホンポで管理職の時、年末年始に休めたことはありません。

しかも単身赴任や転勤も多く、若いうちは良いですが40代にもなると相当に生活に影響する職種です。

エノ妻

うちは年末年始やGWはパパがいないのが当たり前の家庭でした。

このような職種で、子供といつ遊んだり出かけたりするのでしょうか?

同僚の店長などは、平日に学校を休ませて家族で旅行に行っている人も沢山いました。

エノ妻(涙)

うちは学校休ませたくないので子供が小さいうちにしか旅行は行けなかったね。

その分、これから旅行などに連れて行ってやれる40代での転職に成功できましたので、恩返ししていこうと考えています。

もちろん、接客が好きで、長くそういう業界で働いている人もいますし、10年以上単身赴任を続けている店長もいます。

そういう家庭もありますし、それでうまくいっている家庭があるのも事実です。

しかし、家族と離れて生活したいと本気で思う父親はいないのではないでしょうか?

今まで土日祝が休みだった40代が、異業種転職で土日祝を休めない職種に転職したら、きっと「40代での転職は大失敗だった」と感じてしまうはずです。

独身貴族の40代ならむしろオススメの職種ですし、ビズリーチなどで小売業バイヤーとか店舗開発とかの上位ランク職種を狙うのも全然アリです。

ただ家族と子供がいる40代での転職では、絶対にオススメできない職種となります。

40代での転職は長く働ける環境が最優先。40代での転職を繰り返さない事前調査とは?

会社での人間関係が退職理由の大半

どの世代でも、離職理由の上位に「人間関係」があります。

40代での転職なのに、職場で人間関係を作れずにボッチになったり、いじめられたりしてまた40代での転職を繰り返すのは本当に厳しい人生となります。

40代求職者

人間関係が良い会社って転職前に調べられるの??

40代での転職で企業の人間関係を調べる方法 ①

応募企業の社員の平均勤続年数を調べる。

人間関係が悪い会社は、社員の入れ替わりが激しい傾向にあります。

正社員の平均勤続年数は、その会社の人間関係に直結します。

応募を辞退、または応募をやめましょう。

確実に人間関係に問題があるか、会社自体に何かしらの問題があるのは間違いありません。

正社員は早期に辞めるために入社する人はいないので、ブラック企業の可能性が高いです。

あの有名なビッグモーターは2年程度と言われています。

平均勤続年数の調べ方は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で調べます。

しかし、かなり細かい資料なので、実際は大手求人サイトなどで調べ、詳しくわからない場合は、企業に直接質問しても問題ありません。

エノ

面接で逆質問するのも超効果的です。

採用説明会や、求人サイトの質問欄などで聞いても良いでしょう。

ビズリーチ平均勤続年数について

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

40代での転職で企業の人間関係を調べる方法 ②

これはかなり現実的な方法です。

エノ

もし登録していないなら、必ず登録すべきです。

企業クチコミサイトに登録し、現役正社員の口コミ、退職済正社員の口コミを確認する!

転職会議は、自分の経歴企業の口コミを入力することで、知りたい企業の口コミが見られる貴重なサイトです。

はっきり言って、40代での転職で転職会議を使わないのはあり得ません。

エノ

登録はもちろん無料で、正社員だけでなく契約社員やパートさんなどの純粋な現場の意見を聞くことができます。

転職会議は、40代での転職を経験した人の口コミが沢山掲載されています。

なぜなら、他の40代での転職をした人も、転職会議で口コミを見ているからです。

真面目な話、転職サイトは年齢や個人で相性の良いサイトを選びますが、転職会議は40代での転職希望者全員に登録してほしいし、しなくてはいけません。

現場の意見の悪いところばかりでなく、良いところも記載されている企業なら応募する価値があります。

逆に、人間関係の部分での悪評が多い場合、平均勤続年数も確認した上で、応募を断念する選択肢も必要です。

40代での転職で企業の人間関係とは、それほどまでに重要な要素の一つです。

転職会議には、この記事を読んでくれた人には全員に登録してほしいくらいです。

別に転職を考えていなくても、気になるあの大企業はどうなのか?と調べることもできますので、絶対に登録してください。

40代での転職は、内定獲得よりも職場で生き残ることの方が大切で難しい理由を解説!

40代での転職先で居場所を見つけ生き残るには??

40代での転職では、内定獲得より転職先で生き残ることの方がとても大変です。

すでに人間関係が出来上がっている社員間に、40代で入り込んでいくにはコミュニケーション力は必須です。

また、年下の上司がつくことは当たり前で、時には20代の先輩社員から指示を受けることもあるでしょう。

40代での転職で失敗するいちばんの要因は、人間関係です。

では、具体的にどういう行動をすれば40代での転職で生き残れるのでしょうか?

40代の大人なら、挨拶をしっかりやるとか、時間に遅れないとかの基本的なことはもうわかりきっているはずです。

そんなことではなく、もっと元からいる社員たちと仲良くなる方法は・・・?

エノ

筆者のオススメは、喫煙所に通うことです。

喫煙所は、魔法の場所。

タバコが苦手な人も多いと思いますが、喫煙所でしか聞くことのできない社内の情報が聞ける唯一の場所です。

筆者は、タバコは吸えませんが、フレーバーだけのベイプと呼ばれるタバコもどきを吸って喫煙所で仲間を作りました。

これは甘い柑橘系のフレーバーもあり、40代のメンタルの癒しにもなります。

もちろん、ニコチンやタールは入っていません。

ベイプを持ち歩くことで、どこでも喫煙所に入りやすく、気が緩み趣味の話や社内の怖い人の話など、そこでしか聞けない話を聞けるばかりか、同年代に自分の趣味と会う人が見つかったら、もう勝ったも同然です!

喫煙所でよく出る趣味の話は、パチスロや競馬、音楽やキャンプなどのアウトドアの話などが多いです。

男性なら、パチスロやパチンコに少しでも知識があれば強く、盛り上がりやすい話題です。

副流煙は少しキツイですが、自分は甘くリフレッシュできるフレーバーを吸うだけなので、頭の切り替えにもなります。

喫煙所を使うことで、慣れない職場でのメンタル的な疲れを一時的にリセットできるだけでなく、フレーバーでリフレッシュしながら、社内のヒソヒソ話、「あの人には気をつけた方がいいよ」とか、「あの人は朝がいつも機嫌が悪いよ」とか、貴重な情報が沢山入ってきます。

新しい職場で慣れるには、喫煙所を活用することをオススメします。

もちろん、タバコはお金もかなりかかるし体にも良くないので、ベイプを活用しましょう。

40代での転職を2回経験し、1度ブラック企業に入社し3年耐えた筆者の実話

ニチレイブラックプロセス在籍時のメンタル
エノ(泣)

40代での転職ですから、すぐに辞めたら転職失敗ですよね。

ニチレイグループの看板があり、変な噂もなく長く働ける環境があると感じ入社したニチレイフレッシュの子会社工場。

入社して半年で、なんかおかしいな、と感じるようになりました・・・・。

管理職が毎日会議会議で現場に全くいないばかりか、タバコばかり吸いながら談笑しています。

マネージャーとして入社し、半年の研修期間を過ぎて、あれ?と感じるようになりました。

毎週ある業績検討会とは、何のためにやってるんだろう?

その会議の資料を作るために、何時間もパソコンの前に座り作業をしない管理職。

発表するための資料を作るための会議。

実際にそれを現場で実践しようとする人はいませんでした。

エノ(汗)

この意味のない会議、なくなったら業務効率上がるよなぁ・・・

このクソみたいな会議はいつまで続くのか・・・

虚無感に打ちのめされながら、工場作業をやっていました・・・。

  • 毎日の暴力
  • 毎日の暴言
  • 平気で業務時間中に自家用車で出かける部長代理
  • 日曜日、一日中喫煙所から出てこない古参マネージャー。
  • 意味のない会議のために取られる意味のない資料作成時間。
  • 疲れてくるメンタルと新人いじめ。

労災0日連続記録にこだわるセンター長。

ここは長く続く会社なのかな・・・・不安になっていました。

40代での転職でニチレイの子会社の工場で労災隠しの指示を受けブラック企業確定

ニチレイブラックプロセスでの驚愕の出来事はこちらの記事。

労災を隠すように「黙ってろ」と部長代理から指示を受け、実際に怪我をした従業員は泣いています。

明らかに異常な職場でした。

現場で働く人は最底辺で、事務所に机がある人は天竜人のような存在。

大したパソコン能力もない人たちがお茶を飲みお菓子を食べながら定時を待つ。

社長が来た時だけ人が変わったように態度が変わる管理職たち・・・・

このままここに残るのが正しい人生なのか?40代での転職をもう一度?できるのか??

40代の転職で3年耐え、メンタルの限界に達し再転職を決意。44歳で40代での転職が2回目になり重要視した条件とは??

人生は一度きり。行けるなら行ってやる!

リクルートエージェントに頼り、40代での2回目の転職に挑戦すると覚悟を決めました。

リクルートエージェントの担当者は、「あなたなら絶対に転職させてみせます!大丈夫!」と言ってくれました。

転職エージェント

大丈夫です。40代で2回目でも、退職理由が明確で企業側に非があり、あなたの経歴なら年収を維持させてみせますよ!

メンタル的にボロボロで転職活動すら気持ちが乗らない地獄の日々でしたが、本当にこの転職エージェントの言葉には勇気をもらいました。

辛いメンタルで劣等感に悩みながら、どんな仕事をしたいのかと考えてみましたが、はっきり言って会社で働くこと自体がもう嫌だ、というのが本音でした・・・。

やりたい仕事など40代から見つかるわけがない。じゃあどうする?の結論は?

そして、仕事したくなくても、何かしらの仕事をしなくてはいけない現実を直視し、職務内容はできることなら何でもいいから、絶対外せない条件だけ整理してみました。

40代で転職エージェントに相談した転職条件
  • 自宅から通える企業
  • 長く働き続けられる企業(経営状態)
  • 長く働いている人が多い企業(離職率)
  • 土日祝・年末年始・GWが休める企業
  • 残業が少なめな(最低月20時間程度)の企業
  • 管理職・マネージメント経験が活かせる求人
  • 最低年収500万円(当時の年収は650万円)以上の求人
  • 人と話すコミュニケーション力が活かせる企業
転職エージェント

営業職か製造業の管理職での求人が有力ですね。法人営業職なら年収アップを狙えますがどうしましょうか?

プレゼンテーションやパワーポイント、パソコンについては非常に得意で、法人営業も悪くないかなと考えました。

エノ妻

絶対にやめて。あなたに経営者を相手にしゃべってモノを売るなんて定年まで持つわけないじゃない!

そ、そうかな。

確かにメンタル状態が正常でない時に自分の判断だけで決めるのは危険だと感じていました・・・。

BtoBの法人営業職は、土日祝日休みで就業時間も比較的自由なところが魅力的ですが、非常に大きなプレッシャーを背負い何千万、何億という取引をする仕事です。

やってみたいと少し本気で感じる一方、妻の意見を大切にした方が良いというもう一人の自分。

結論は、工場での管理職の仕事を選ぶことにしました。

転職エージェント

ニチレイの工場が異常なだけで、そこまで酷い職場環境ではないのはお約束します。年収も上がるでしょう!

なかなか力強い言葉をくれる転職エージェントでした。

結果、内定を44歳でもらうことができ、年収も200万円程度上がる見込みです。

現在頑張って通っていますが、家からは少し遠いのが厳しいですが、概ね満足のいく結果を出すことができました。

1ヶ月の手取り金額がどれだけ変わったかというと?

ニチレイ子会社の手取り
現在の手取り金額

月額15万円も手取りが上がる現実・・・

転職エージェント

課長クラスのMgrなら、そんなに高い給料ではありませんよ。ニチレイさんの子会社がここだけの話、ブラック企業なのは間違い無いでしょう。

課長クラスなら手取りで30万円いかない企業はあまり無いと思いますよ・・・と本音を言ってまでくれました。

40代・50代で本気で正社員転職を目指すなら、リクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェントだけでも構わないくらいです。

現実的な年収の非公開求人を紹介してもらえるのと、中小企業などの中間管理職の求人も多く持っています。

これからは就職氷河期世代の40代がどんどん転職していく時代で、リクルートエージェントは欠かせない絶対必要な転職エージェントです。

リクルートエージェントのすごいところ!
  • まず、自宅に近い会社の管理職求人を紹介してくれます。
  • どこを探してもないような信じられない求人が真っ先にメールで配信されてきます。
  • 自宅近くに大手通販サイトの工場が建設中だったのですが・・すでにその工場の工程管理マネージャー職の募集を紹介してくれました。
  • 圧倒的なスピードもあります。
  • 普段は大手求人サイトで見かけないような会社の求人。それは本当に信頼できるレアな求人。勤続年数が長い会社ばかり。

40代の転職でも前向きに企業に推薦してくれる

転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

40代での転職は企業だけではないぞ!40代での転職なら家族と協力し独立という選択肢を真剣に考えてみよう!

40代での転職は、会社員だけではない。独立も考えて!

ぶっちゃけて聞くと、40代での転職と言いますが、まだ会社の社畜として生きていきたいですかね?

会社に入るということは、常に他人からの評価に左右される人生です。

エノ(泣)

実は、筆者はこの他人の評価に人生のハンドルを握られるのが嫌で嫌で仕方ない感覚です。

できれば、本音は独立したかった。

自分で居場所を持ち、そこで自分のために働ける場所が本気で欲しかった。

そのために、妻と家族と本気で話し合いもしました。

エノ妻

開業資金やお金の面で無理だと思うし、コンビニとかは夜の帰れない日があったりうちの家族では無理だと思う・・・。

フランチャイズでの独立を真剣に考え、資金は融資を使い借り入れてでも独立したいと考えてましたが、妻をどうしても説得できませんでした・・・。

フランチャイズとはどんな制度なのか??

フランチャイズ制度とは?

フランチャイズ制度とは、フランチャイザーから商品やサービス、経営者になるためのノウハウなどの提供を受け、加盟店(フランチャイジー)として事業を運営するビジネスシステムです。フランチャイズ本部と加盟店(フランチャイジー)の双方にメリットがあるため、コンビニや飲食店、小売店などさまざまな業種で取り入れられています。

独立支援制度がある加盟本部の例
  1. 塾の経営。個別指導塾などは独立支援制度を活用しましょう。
  2. ネットビジネス。ネットでの販売やサブスク運営を支援制度で。
  3. ハウスクリーニング。1人で開業でき、高収入を目指せます。
  4. 訪問医療マッサージ。1人で開業でき、初期投資も少ない人気業種。
  5. からあげ専門店。需要が絶えないお客様が減らない人気業種。
  6. コンビニエンスストア。小売経験者にはおすすめで、自分の店を持ててずっと地元で。
フランチャイズ制度のメリットとは?

フランチャイズ制度のメリットとしては、未経験でも挑戦しやすく、開業前には本部のスタッフによる研修があり、開業後も経営や店舗運営についてアドバイスを受けることが可能です。また、ブランド力を利用して集客しやすくなります。

※ハタラクティブより引用

フランチャイズ制度のデメリットとは?

デメリットとしてはロイヤリティが必要であることやマニュアル通りに運営しなければならないことが挙げられます。

※ハタラクティブより引用

40代での転職ならメンタルを大事に。一番信頼できる仲間は家族!

家族は何よりも信頼できる仲間。家族は裏切らない!

家族のありがたみが当たり前の生活をしている人にはわからないと思いますが、いざ独立となると家族は頼もしい存在となります。

奥様がついてきてくれるなら、40代での転職は独立もかなり良い人生の決断だと考えます。

家族との仕事を、本音をぶつけながら家族で協力して頑張れるなら、それが一番良い選択だと筆者は断言します。

開業資金や時期、規模などの計画を考える必要がありますが・・・

他人の評価で全て決められてしまう会社員の社畜人生より、よっぽどマシだと筆者は考えます。

40代での転職でフランチャイズ独立し成功した2つの実話をご紹介!

40代での転職でフランチャイズ独立の道を選んだ元同僚店長

オーナー平均年収は736万円

友人の同僚店長だった50代の人が、セブンイレブンを開業しました。

大変だろーなーと思い、興味もあり開業1ヶ月後に話を聞きに行ってみました。

元同僚店長

1ヶ月は死ぬほど大変だったけど、軌道に乗ってきたのでこれからが楽しみだよ。

エノ

収入的にはどうなの?自分も考えてはいるんだけど・・・

元同僚店長

ぶっちゃけると、このまま軌道に乗れば年収1,000万円は余裕で突破するね。

心配だったことは人材不足、特に夜勤人員だったそうですが、外国人留学生の応募が多く何とか教育もできる日本語レベルなのでお店は回る状態だとか・・・。

オーナーは現場に出ることなく、正社員を雇って店長になってもらい、経営に専念できるそうです。

羨ましい!羨ましい!羨ましい!羨ましい!

なんて羨ましいのでしょう。

それは独立するのだから、最初は大変に決まってます。

でも、自分のために働くので虚無感がないとか・・・羨ましすぎます。

元同僚店長

会社員時代にはなかった充実感と、休みを自由に取れて年末年始も休めるよ。出勤者には手当も出すから。社員には賞与もちゃんと出すよ。

たった1ヶ月で何経営者ぶってんだよと思いましたが、それほどに手応えがあるのでしょう。

かかった資金は500万円程度。

開業時期によっては400万円で済むそうです。

Amazonの配達員で一人独立を選んだ友人の収入は??

Amazonの配達員で独立した友人

小売業時代の友人が、どうしても評価してもらえず、もうサラリーマンに嫌気がさし辞めたいと相談を受けていました。

エノ(汗)

筆者も全く同じ気持ちでしたので、話が盛り上がった記憶があります。

友人は独身で、自分一人でできる仕事を探していました。

しかも、会社員ではなく一人で独立できるような、開業資金が安い仕事はないかなと、リサーチしており、興味深かったのでよく話を聞いていました。

そして選んだ仕事が、個人事業主として開業できるAmazonの配達員。

小売業時代の友人

仕事は無限にあり、運転中は一人の空間なのでメンタル的には最高に良い環境だよ。

エノ

休みは取れてるの?なんか永久に仕事が終わらない感があるけど・・・

小売業時代の友人

個人事業主だから、やった分だけ報酬がもらえる仕組み。休みたいならいつでも休めるけど、報酬もその分もらえないだけだよ。

友人は、最初の2年で300万円貯蓄を作ると決めていたそうで、休みなしで必死に数をこなしたそうです。

その時の年収を聞くと・・・

小売業時代の友人

年収800万円くらいだったね。休みなしで働いたから、そう考えると安いかもしれない。でもメンタル的に楽だし、Amazonだから玄関に置くだけで良いことが多いし、何より仕事がなくならない安心感があるね。

友人は、安い開業費で仕事が自由な時間にできて、貯蓄もできた今は週休二日で手取り35万円程度を稼いでいます。

小売業時代の友人

安いけど奥さんいないから一人での生活には十分だし、何より自由を感じる。会社員時代の評価とか本当に嫌だったから今はメンタル良好。

羨ましい!羨ましい!羨ましい!羨ましい!

40代での転職には、フランチャイズでの独立もぜひ視野に入れてみてください。

開業資金が0の加盟店もあり、40代なら最低限貯蓄がある人も多いので、人生かける40代での転職を独立という形に変えることも、今後の人生の正しい選択肢だと本気で断言します。

ただし、家族の協力あってこそなので、奥様としっかり話し合い、賛同してもらえる環境を増すは整えましょう!

資料請求は無料なので、ぜひフランチャイズの窓口やフランチャイズサポートを使って加盟店を調べてみてください。

40代での転職の選択肢は、会社に入ることだけではありませんよ!

40代での転職は人生を賭けた転職!最善の選択をするには?まとめ

40代での転職では、長く働ける環境を最優先しよう!

結論:40代での転職なら、長く働ける環境がある仕事を最優先で選びましょう!

すぐ辞めてしまったら、せっかく40代での決死の転職をした意味がないばかりか、メンタル的にも大きなダメージを負います。

40代での本気の転職なら、守りの転職をまずはお薦めします。

家族との間や休日の充実など、子どもとの時間や妻との時間を取れる職種に転職するのが理想的です。

そのために、転職エージェントを必ず頼り、転職エージェントの非公開求人で会社を探しましょう。

どこが良いかわからないなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

まずは、リクルートエージェント。

これだけは間違いありません。

それと、客観的な自分の市場価値を調べるために、ミイダスにも登録をオススメします。

自分の市場価値を調べませんか?

転職活動、面接などで希望年収を聞かれた際、ある程度の基準になります。

まず、ミイダスに登録して自分が主張できる年収をざっくり把握しましょう!

今の年収が適正なのかどうかも、ある程度簡単に調べられますし、スカウトのメールが企業から直接来ます。

電話勧誘などはないので、安心して登録できます!

こんな感じに主張できる年収がざっくり表示されます

自分の市場価値を知る為には・・

収入のことが気になるなら、求人ボックスに登録し、業界ごとの年収などを参考にしてみましょう。

このサイトも、40代の転職ではよく使われます。

求人 ボックスは、業種別の平均年収や時給が見れます。

40代で希望の職種が決まっている正社員転職を考えている人は、求人ボックスに登録して情報を確認しましょう。

給料や年収についての一般的な相場が確認できます。

\ 時給・年収などの業種別情報を知りたい方/

そして、応募したい企業の内情や人間関係などの詳し情報は、転職会議の口コミを絶対に登録して確認しましょう。

現場の意見は本物です。

面接だけではわからないことがあります。

長く働ける企業は、社員の平均勤続年数が長い企業です。

老舗などの中小企業に、よくそのような良好な環境があります。

エノ

筆者が選んだ企業も、60年も続く老舗中小企業です。

そして、フランチャイズの独立も視野に入れて、総合的に40代での転職を長い目で見て考えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

まだまだ40代を応援する記事を書いていきます。

ぜひ応援よろしくおねがいします。

転職相談も受け付けていますので、よかったらご連絡もお待ちしています。

一緒に40代でブログを書きませんか??

ブログ副業は、40代の経験を伝える事で稼ぐことができ、会社員の収入依存の分散に大きく貢献出来ます。

SWELLとエックスサーバーを使えば、簡単にブログを書けるばかりか、ブログ仲間もたくさんできるので帰宅後が楽しみな人生に変わります。

筆者も、ブログと出会い40代で人生が変わりました。

是非、Twitterで仲間になってください。

転職挑戦の知識はもちろん、なんでも知識などはお伝え出来ますし、仲間たちもみんなブログに真剣です。

SWELLを購入し、ブログを始める事で、目標を見つけてほしいです。

是非お考え下さい。仲間たちとお待ちしています!

ココナラに登録するなら
ココナラ簡単登録

筆者紹介コード S7YB2K こちらを使うと1000ポイントもらえます!

ココナラで記事を書く仕事はたくさんありますよ!

クラウドワークスに登録するなら


在宅でパソコンでの仕事がたくさん見つかります!

40代転職地獄ブログ特集(実話)

最新記事

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。居心地居場所を作るデザインブログも同時運営中。
Your Own Place~居心地の良い場所を作ろう〜
https://design-home-appliances.com/

40代での転職を徹底支援します!

コメントする

CAPTCHA


目次