\ ポイント最大11倍! /

【40代転職エージェント】40代で登録すべき転職エージェントは?40代で2回転職、人生で7回転職した筆者が違いを力説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
40代求職者

40代で転職したいけど、転職エージェントって多すぎない?何が違うの?

40代困った人

そもそも20代専用とか、IT企業専用とかばっかりで、40代が登録した方が良い転職エージェントってどれくらいあるの??

結論:40代向けの転職エージェントは複数あります。知識を付けましょう!

<この記事を読んで解決する悩み>

こんな40代に向けて記事を執筆します。
  • 40代で最後の転職を考えている全ての40代求職者へ。
  • 40代で転職エージェントに登録したいが、知識がなくどの40代転職エージェントに??
  • 40代で年収よりも、責任が少なく一般社員として定時上がりができる転職がしたい・・・
この記事の内容
  • 結論、40代で転職ならリクルートエージェントは絶対に登録しよう!
  • 40代。転職の35歳の壁はすでに崩壊済!
  • 40代転職エージェントだけでなく、口コミサイトや比較サイトはもっと重要な登録ヒスサイト
  • 40代の転職サイトはたくさんあり、質も違う
  • 40代での転職は、上を目指すハイクラスと時間を大切にしたい中小企業の2択!
  • 結論、40代の転職エージェントは複数あるが、自分の希望に合った40代転職エージェントを選んで登録しよう!
40代転職未経験、しかも男性?

<本記事の信頼性>

当ブログ管理人
エノ 

<プロフィール>

  • 小売業大手3社で店長歴15年。
  • 40代で異業種への転職を複数経験。地獄をみる。
  • 大手小売店店長 ➡ 大手食品工場マネージャー ➡ 米菓工場
  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳内
  • ステンドグラス手作り体験工房「denkoubou」専属WEBライター
しかし昔の話なので時効です。店長になる前の物。身バレ防止の為
直近でのイジメブラック工場の名刺

現在の企業の内定通知書。リクルートエージェントにより管理職採用されました。

現在在職中の米菓工場の内定証。44歳でのキャリア採用に成功

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

目次

【40代転職エージェント】結論:リクルートエージェントが最強!

リクルートは100%間違いのない40代転職エージェント
エノ

筆者は、リクルートエージェントで3回転職経験があります。
40代の転職は全てリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、20万件の非公開求人を保有し、業界再大手で20代から50代までどんな人でも登録できます。

40代、求職者は大きく2種類に分かれます。

40代求職者の特長2種類
  • 年収やポジションを上げる為、ハイクラス転職を目指す野心家
  • 家族との時間を大切にしたい転勤や残業の少ない中小企業を探す40代。

リクルートエージェントは、その両方に対応出来る力を持っており、40代求職者なら絶対に登録しなければならない40代の転職エージェントです!

内定証をさらす!40代を勇気づけたい!

筆者が、リクルートエージェントの紹介で応募し、内定を44歳で頂いた企業の内定証です。

年収500万円ですが、決算賞与と残業手当で年収600万円は硬いと社長より言って頂けました。

エノ

40代としては決して高年収ではないですが、筆者は家族との時間や転勤無、年末年始などが休める条件を優先して選びました。

44歳で退職を決断した理由はこちらの記事に・・

リクルートエージェントに退職したい理由を正直に話したところ・・・

転職エージェント

直接的な言い方は控え、コンプライアンスに大きな欠陥が現職にはあり、どうしても見て見ぬ振りができないという言い方にすべきです。

転職エージェント

それで深掘りされて聞かれたら、現職の批判になってしまう事を最初に伝えてから、正直にあった事を話しましょう。内密にしていただくこともお伝えください。

実に的確なアドバイスを頂きました。

企業の内部情報を他企業に伝えてしまう事になりかねないので、出来るだけオブラートに包んで話した方が良い、でも退職理由としては間違いなく納得してもらえます。

とも言って頂けました。

エノ

繰り返しますが、筆者は44歳です。前職に転職したのは41歳です。

両方ともリクルートエージェントに助けてもらいました。

前職はブラックな部分が目立ちましたが、大手の食品工場のマネージャー職。

そして今回は、中小企業の製造工場のマネージャー職です。

いずれも土日祝休み、転勤無、年末年始やすみという条件を満たしてくれた条件の企業を紹介してくれ、面接対策もしっかりアドバイスが頂けました。

40代転職エージェント、間違いありません。

まずは、リクルートエージェントに登録しましょう!

40代・50代で本気で正社員転職を目指すなら、リクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェントだけでも構わないくらいです。

現実的な年収の非公開求人を紹介してもらえるのと、中小企業などの中間管理職の求人も多く持っています。

これからは就職氷河期世代の40代がどんどん転職していく時代で、リクルートエージェントは欠かせない絶対必要な転職エージェントです。

リクルートエージェントのすごいところ!
  • まず、自宅に近い会社の管理職求人を紹介してくれます。
  • どこを探してもないような信じられない求人が真っ先にメールで配信されてきます。
  • 自宅近くに大手通販サイトの工場が建設中だったのですが・・すでにその工場の工程管理マネージャー職の募集を紹介してくれました。
  • 圧倒的なスピードもあります。
  • 普段は大手求人サイトで見かけないような会社の求人。それは本当に信頼できるレアな求人。勤続年数が長い会社ばかり。

40代の転職でも前向きに企業に推薦してくれる

転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

【40代転職エージェント】ミイダスは登録必須。自分の市場価値をまず知ろう!

盟友ニックさんの想定年収
エノ

ミイダスは、転職エージェントを利用するというよりも、自分の一般的な市場価値を確認するために必要なツールです。

例に出したニックさんとは、Twitterで知り合い、今では結婚式贈呈品を取り扱う企業様のブログサイトを共同で作成するチームとして、2人で副業をしています。

ニック

私の現職の学童保育指導員としての年収は、300万円程度です。

信じられない安さですが、ニックさんは学童保育指導員としてのプライドを持ち、年収300万円にもかかわらず総資産が1,700万円を超え、将来の早期リタイアを視野に入れるほどの節約家です。

ニック

元SEで、応用情報技術者資格を持っています。SE時代からは収入が半減しました。

ニック

それを機に、お金について深く考えるようになり、インデックス投資を確実に毎月10年間以上続けて、今の資産があります。

投資をコツコツと続け、節約する事で定収入でもFIREが目指せる位置にいる天才です。

現在の年収は300万円ですが、応用情報技術者資格を持ち、いつでもSEやIT企業に転職できるスキルを持っていて、かつ保育士の資格あり、総合判断でミイダスはニックさんが転職するとしたら受け取れる年収を578万円と見積もっているのです。

ミイダスについて詳しく記載した記事は・・・

こんな感じに主張できる年収がざっくり表示されます
エノ

これは、筆者がミイダスに登録し出された市場価値です。

筆者は、小売業の店長時代に最大年収が700万円でした。

それを考えると、500万円~700万円程度の管理職求人が応募範囲内であることがわかりました。

たとえハイクラス転職で年収1,000万円以上の求人に応募したとしても、実力がともなわず降格処分か試用期間に解雇を受けるくらいの実力だという事です。

身の丈に合った求人に応募し、ある程度の自信をもって望める仕事なら、それに見合う年収を希望するべきで、それを知る為にはミイダスに登録しましょう。

ミイダスは、ダイレクトリクルーティング型の転職サイトで、自分の市場価値がある程度わかる事と、企業の人事担当者から直接オファーがメールで来ることがあります。書類審査なしの面接確約オファーです!

しかし、よほど良い企業でない限りは疑ってかかりましょう。

転職エージェントが間に入らない分、自分で全てを判断せねばならず、ブラック企業に騙されて入社してしまう事もあります。

やはり、転職エージェントを間に挟む事で、年収交渉や入社日の交渉など、第三者視点での判断を仰ぎながら、冷静に決めるべきです。

40代は、内定が出ると喜んで良く調べないまま入社してしまい、転職失敗する例をたくさん見てきています。

あくまで、ミイダスは自分の市場価値を知る為に登録するサイトで、転職のメインサイトとしては使わない方が良いと断言します。

市場価値の想定年収も高めに出る傾向がある為、自信にはしても過信してはいけません。

ここに出た数値でそのまま面接で希望年収を伝えるのではなく、現職や前職の年収と比較し、総合的に無難な身の丈に合った年収を希望しましょう。

本命の40代転職エージェントは、リクルートエージェントともう一つ選んで2社を利用し、管理しきれる数の40代転職エージェントを使いましょう。

\ 自分の市場価値を知る為に登録は必須/

【40代転職エージェント】転職会議。これは応募する企業の口コミをまず調べるために必要な40代転職サイト。

エノ

転職会議は、企業の口コミを実際に働いたことがある社員や元社員が書いています。

全てを信じる事はないですが、正社員がその企業で働いて感じたことを書いているので、応募する企業の口コミは絶対に見ておく必要があります。

元社員の口コミは、ネガティブな情報が多い為、話半分に見ておく必要があります。

現職の社員の口コミがある場合、かなり信ぴょう性が高い為、面接にも使えるネタもあるはずです。

転職会議は、無料で登録できるため、企業の情報収集に必要不可欠です。

40代で転職するなら、長く働きたいはずです。

エノ(怒)

40代で転職するなら、完璧なホワイト企業に入社することは諦めてください。

多少の悪い企業情報も把握した上で、それくらい耐えてみせる、という強い意志も40代の転職には必要です。

そもそも、40代で転職するという事は、簡単には辞めずに即戦力としての期待があり採用されます。

40代は転職エージェントに頼る必要があり、そういった企業の悪い情報も覚悟したうえで、それでも入社したいと思える企業に応募する必要があります。

エノ(汗)

例えば筆者は、現職での転職時、工場現場が夏場、火を使う為温度が非常に高く、汗だくになるという情報を転職会議の口コミで知りました。

入社日は7月1日。

それでも耐えてやる。

そういう強い気持ちで入社し、実際40度を超える現場で汗をかきながら、熱中症にならないように水分補給をしまくり、仕事を覚えるために必死で努力しています。

地獄のような暑さで、パートさんが熱中症になったりしていますが・・・

会社側は水とポカリスエットをいつでも飲めるように準備してくれているのと、塩分補給の為のタブレット、いたるところにスポットクーラーを設置するなど、環境改善に投資をしています。

面接でも社長より、「現場が想像以上に暑くなり、真夏時はどうしても40℃を超える事もありますが、それでも平気ですか?」と聞かれています。

前もって転職会議でその情報を知っていたため、覚悟して面接に臨めていました。

エノ

それは御社の企業研究で把握済みで、当然覚悟をしてここへ来ています。

このように答える事ができ、水分補給がしっかりできる事も知っていたため、それを先に自分からいう事ができました。

応募する企業の情報を知るには、ホームページのチェックと、転職会議へ登録し生の口コミをしっかり読んで、悪い情報も把握する事です。

転職会議は、登録必須です。

転職を考えている40代、必ず登録し企業に応募するなら必ずその企業の口コミをしっかり確認してください。

これは、40代の転職において必須事項と言えます。

企業の口コミを確認するのに登録必須

【40代転職エージェント】ビズリーチは管理職前提でのステップアップを狙う40代転職エージェント!

ビズリーチは有名!
エノ

40代でビズリーチのCMを見たことない人はいないでしょう。

ビズリーチは、ハイクラス転職の時代を作った革命的なダイレクト型スカウトサイトです。

登録できる条件は、現職もしくは前職が年収500万円を超えている事。

※ビズリーチ登録には審査があります。

ビズリーチは、40代をメインターゲットとしており、現在管理職で働いている40代を、他の会社がもっと経費をかけてでも引きぬけるために、ダイレクトリクルーティング型というシステムを作りました。

※ダイレクトリクルーティング型とスカウトの違いは何でしょうか??

ダイレクトリクルーティング型とは?

ダイレクトリクルーティングとは、求職者が個人の経歴やスキルを公開し、企業側が求職者個人に直接アプローチする採用手法の事。

スカウトとは?

スカウト採用では、スカウトメールを送付する求職者の対象が、自社の求人案件(職種や採用エリアなど)とサイトのデータベース上で大まかに適合する全ての求職者となります。

ダイレクトリクルーティング型とスカウトの相違点は?

ダイレクトリクルーティングのスカウトメールを送信する対象者が「求職者個人」であるのに対し、スカウト採用では「条件に合う求職者の母集団」となります。

※参考サイト

企業は、現在活躍中の優秀な人材が欲しいのです。

「プラチナスカウト」という書類選考なしの面接確約オファーは、激アツなメールです。

しかもビスリーチの有料プランには、タレント会員とハイクラス会員に分かれており、利用料金が違います。

ビズリーチの有料会員料金
  • タレント会員 :月額2,980円(税抜き) 
  • ハイクラス会員:月額4,980円(税抜き)

※参考サイト career media

ダイレクトリクルーティング型の転職サイトは、企業がその個人にピンポイントでオファーを出すという、普通のスカウトメールよりもかなり内定が近いお声掛けになります。

仕事が無くて困っている40代ではなく、現在管理職として企業の中枢にいる人を、さらに好待遇ででも引き抜きたいのです。

ビズリーチは、年収500万円以上でもっと年収を上げたい、もっと上のポジションを狙いたい人に最適な転職サイトです。

40代でサラリーマンとして年収1,000万円以上を目指す40代は、必ず有料会員登録をしましょう!

仕事に人生を捧げ、行けるところまで行ってやる!

そういう覚悟があり、年収1,000万円以上を目指すのならば、ビズリーチは絶対に有料会員登録をして、企業人事からの、特に東証一部の大企業からのオファーを待ちましょう!

自ら応募も可能です。

マネージャークラス求人特集は必見です。

ビズリーチには、40代をメインターゲットに管理職経験がある人材にマネージャークラスの求人特集があります。

マネージャーとは、課長クラスの求人特集です。

40代であれば、それなりに立場を求める人も多くいます。

ただ、マネージャーにはそれ相応の責任があり、部下を持ち組織を動かすマネジメント能力とコミュニケーション力が必要不可欠です。

エノ

自分に自信があり、定年までキャリアを追い続けたいと思える40代なら、ビズリーチは外せない選択肢です。

40代求職者の特長2種類
  • 年収やポジションを上げる為、ハイクラス転職を目指す野心家
  • 家族との時間を大切にしたい転勤や残業の少ない中小企業を探す40代。

上記の、①番の40代は、ビズリーチに有料会員登録しましょう!

\ 年収を上げる意気込みがあるなら /

転職ならビズリーチ - 転職アプリ
転職ならビズリーチ – 転職アプリ
開発元:BizReach, Inc.
無料
posted withアプリーチ

【40代転職エージェント】リクルートダイレクトスカウトは審査がない!

リクルートダイレクトスカウトも有名です!
エノ

リクルートダイレクトスカウトも、ダイレクトリクルーティング型のビズリーチのライバル的なハイクラス求人サイトです。

ビズリーチとの一番大きな違いは、登録に審査がなく誰でもチャンスがあるという事です!

日本は、年収500万円以下でも管理職をさせる企業がたくさんあります。

実際、経験していることは物凄くハイレベルな仕事内容なのに、それに見合った収入を得られていない人もたくさんいます。

ビズリーチには、年収500万円の壁があり、登録に審査が必要です。

しかしリクルートダイレクトスカウトには、年収500万円以下でも40代で管理経験が豊富であれば、チャンスがあります。

40代で、管理職として上を目指す人生を選ぶならば、ビズリーチと並び、このリクルートダイレクトスカウトも登録しましょう。

年収400万円➡年収800万円、なんてことは普通に起こるヘッドハンティングサイトです!

もちろん、それに見合う責任や、強靭なメンタルが必要で、いくら内定を獲得し入社しても、すぐに辞めてしまっては何の意味もありません・・・。

40代転職エージェントは限られています。

その中で、個人の経歴を詳しく読み、一本釣りのようにダイレクトにオファーが来るのが、このリクルートダイレクトスカウトという40代をメインターゲットにした転職エージェントサイトです。

エノ

登録の際、経歴は具体的に、数字をしっかり記載し、売上〇〇万円達成、契約〇〇件獲得、とわかりやすいように書いてください。

特に、マネジメント人数(部下の数)は必ず書きましょう!パートアルバイトも含めた人数です!

たとえ、現在の年収が500万円以下でも、実力があるなら一本釣りしてくるヘッドハンターはいます!

そういった意味では、40代にとって夢がある転職エージェントサイトであると断言します!

\ 40代で就職氷河期のリベンジ転職を狙うなら /

【40代転職エージェント】パソナキャリアは情熱的な転職エージェントがいた!

パソナキャリアの評判とは??
エノ

筆者は、パソナキャリアは使うべきだと経験から断言します。

40歳の時、(詳しくは40歳になる歳)、筆者はパソナキャリアの40代転職エージェントにスカウトされ、転職活動をした経験があります。

当時のパソナキャリアの40代転職エージェントから紹介された求人とは??

エノ(泣)

当時の筆者は、単身赴任に疲れ果て、メンタルを病んでいました・・・。

40歳でパソナキャリアに相談した転職条件
  • 自宅から通える企業
  • 土日祝・年末年始・GWが休める企業
  • 残業が少なめな(最低月20時間程度)の企業
  • 管理職・マネージメント経験が活かせる求人
  • 最低年収500万円(当時の年収は650万円)以上の求人
  • 人と話すコミュニケーション力が活かせる企業

はっきり言って、無理難題というか、「そんな求人あっても小売業経験だけでは無理だよ」と感じていました・・・。

転職エージェント

この求人に応募してみませんか?

そう言われて見せられた求人票は・・・誰もが知るあの大企業の法人営業部。

三菱地所、法人営業部。年収900万円〜1,200万円。

エノ(汗)

は?何言ってんだこの人は?

初めは、この人頭おかしいんじゃねーの?と思いました。

確かにお願いした条件は全て満たしていますが・・・格上すぎるハイクラス求人で最初は断りました。

転職エージェント

ユニクロやA本舗のような大企業で管理職を経験されているあなたは、このような求人に挑戦する権利があります。

転職エージェント

やってみませんか?必ず私が書類審査を通して見せます。あなたにとって格上の求人ではありません。チャンスはあります。

当時、メンタルを病んでいた筆者は、ものすごい熱量で勧めてくるパソナキャリアの40代転職エージェントに推されて、どうせ無理だろうと書類だけ出してみることにしました・・・。

履歴書は手書きでしっかりと記入し、職務経歴書はWordで提出しました。

転職エージェント

ユニクロの〇〇店の売上達成時の具体的金額の追加と、A本舗でららぽーとの運営部と協力して企画したイベントのお客様人数を具体的にこの部分に追加してください。

エノ(汗)

え?すごく厳しくないか・・・??

その後、このような具体的な書類の指摘が5回以上あり、何度も書類の応酬をしました。

履歴書はとにかく経歴だけを手書きでわかりやすく丁寧に。

職務経歴書はキャリア式でユニクロ時代とA本舗時代の達成事項を強調しましょう。

書類作成についてまとめた記事はこちら

全て数字で記入してください。

面接官は、キャリアの空白期間など見ていません。

転職エージェント

特にこの求人の人事はコミュニケーション力を重視しており、職歴の空白期間が長くなければ問題ありません。

転職エージェント

マネジメントでどのように人を動かしてきたのか、具体的に記載してください。指示の仕方、熱量、部下の叱り方も記載してください。

エノ(汗)

この人、ちょっと他の転職エージェントと違うかもしれない・・・。

桁違いな書類の指摘と的確で具体的な修正箇所の指示、書類作成の段階でパソナキャリアの40代転職エージェントはレベルが違うと感じたのを覚えています。

三菱地所法人営業部の年収900万円の求人に、年収650万円で書類を提出し、面接の案内がきたのは一週間後でした。

エノ(汗)

マジかよ・・・

ぶったまげたのを覚えています。

面接対策の時、こう言われました。

転職エージェント

今までやり取りをしてきて、あなたはコミュニケーション力を持っている事がわかりました。面接官を営業のクライアントと思って望んでください。あなたは一次面接は必ず通過します。

この時、パソナキャリアの40代転職エージェントは人事にかなり売り込みをかけていたそうです。

一時面接合格の連絡が来たのは、面接の3日後でした・・・・。

エノ(汗)

マジかよ・・年収900万円?ありえないだろ?そんなバカな・・・

転職エージェント

次は最終面接です。営業本部長が面接官です。今までの全てをぶつけてきてください。自信を持って、はっきりと受け答えすれば、必ずチャンスはあります。英語対応になった場合は、正直に苦手なことを伝え、他でアピールしてください。

この記事にも、パソナキャリアとの大企業挑戦談を記載しています。

筆者は、英語力が日常会話レベルで、弱点でした。

最終面接時、予想通り外人が出てきてしまい、本部長とは難なく話ができましたが、英語での返答が意味はわかっても言葉にできず、苦戦しました。

最終面接で、不採用の連絡が来たのは二週間後のことでした。

転職エージェント

力およばず悔しい限りです。申し訳ありません。部長は最後まで悩んでおられました。海外のクライアントも多いため、やはり英語がネックだったようです。それ以外は内定に値すると言っていました。

悔しかったですが、あの大企業の最終面接まで行けるとは思っておらず、とても良い経験をしたのと、パソナキャリアの40代転職エージェントが非常に情熱的で人間力が高いと感じた経験でした。

そして・・・これだけでは終わらなかったのです!

転職エージェント

さぁ。次に行きましょう。もう一社、求人票を用意してあります。
書類は少し変えるだけですぐに応募できる状態ですから切り替えてください。

エノ(汗)

え??何言ってんのこの人??

そう言って、もってきた求人票企業は・・・三井不動産の法人営業部、年収900万円〜でした・・・。

筆者は、燃え尽きた後だったので、現実的な企業を探そうと思っていただけに、びっくり仰天し何も言葉が出なかったのを覚えています・・・。

パソナキャリア恐るべし・・・。

結局、三井不動産も最終面接までは行けましたが、英語力は必須だったようで、筆者よりもパソナキャリア40代転職エージェントが悔しがっていました・・・。

たまたま、良い人に当たっただけかもしれません。

しかし、パソナキャリアには情熱をもった本当に顧客のことを考えてくれる40代転職エージェントがいます。

筆者は、パソナキャリアをリクルートエージェントの次にオススメしたい40代転職エージェントとして選びます。

\ 本当に顧客の将来を考えてくれるエージェント/

管理部門の転職決定数は3年間で170%Up!パソナキャリアは管理部門の様々な職種に対応しています。
首都圏(東京、千葉、埼玉)を中心に求人数も豊富で、管理部門の専門性を持ったアドバイザーがきめ細やかにサポートします。

【40代転職エージェント】LHH転職エージェント(旧Spring転職エージェント)

アデコという会社聞いたことありますか?
エノ

LHH転職エージェントも、40代に強い転職エージェントです。

旧Spring転職エージェントで、アデコという会社が運営している転職エージェントです。

40代の前職の友人が、専門小売店副店長から、レジのPAYPAY導入提案営業(法人営業)に異業種転職を果たしましたが、その時の仲介がLHH転職エージェントでした。

40代前職友人

面接は3回だったんだけど、全部リモート面接で一度も人事と会って話してないんだよね・・・。

その時はコロナ禍真っ只中で、景気の冷え込みが懸念され求人も減っている時期でしたが、Spring転職エージェントは当てがありますと言ってきたそうです。

IT系企業に転職を目指していた友人は、応用情報処理技術者資格を必死に勉強しながら、小売業から全くの初心者としてPAYPAYの法人営業へ転職を果たしました。

年収550万円➡️年収500万円➕出来高。

小売業やお店経験者なら、現在急激に普及しているQRコード決済の法人営業職に転職するチャンスがあります。

40代前職友人

店長や副店長は、レジの教育やレジのトラブルに何度も遭遇しているから、レジについては詳しいんですよね。

Spring転職エージェントは、それをわかっていて紹介してきたそうです。

小売店の管理職経験者なら、PAYPAYが使えないというだけで、「じゃ、やっぱ買うのやめます」と言われてしまった経験をしています。

QRコード決済を導入すると、確実に売上が上がる時代。

大手小売企業でQRコード決済を導入していない店舗は少なく、レジの操作に詳しければ営業しやすいのが特徴的です。

Spring転職エージェント

異業種への未経験転職なので若干年収は落ちるように見えますが、出来高で実際は年収600万円も目指せると思います。

このように言われ、法人営業で土日祝・年末年始も休めるIT企業に転職していきました。

その後・・・久しぶりに連絡が来たので「最近どう?」と聞いてみたところ・・・

40代前職友人

応用情報技術者試験に合格し、社内異動でSEに慣れたんだよ。年収800万円まで上がった。

エノ(汗)

うっそマジすか?一年で社内移動?営業成績良かったの?

40代前職友人

今時PAYPAY導入してない店なんかほとんどないよ。行った店全部契約状態で、年収1,000万円超えてたよ。外回りはきついけどね。

やはり、IT企業は業界として人気が高く、成功しやすい環境にあると思い知らされました。

今時、現金のみで営業している店は、大手スーパーではジャパンミート(ジャパンミートはカードOK)やロピアくらいのものです。

ロピアに至っては、現金のみの支払いにすることでクレジットカード決済すら使えず、その月額料金を価格に還元すると広告を打っています。

いずれ、キャッシュレス決済がもっと普及してくるにつれ、QRコード決済が使えない店は無くなるでしょう。

いつまでもレジで現金を出す人はいなくなります。

財布に現金が入っていない時代がもう目の前に来ているのです。

Spring転職エージェントは、小売業や販売業の経験者が土日祝を休める業界に転職を希望する際、必ずレジ関連の企業の営業を勧めるそうです。

レジでQRコード決済が使えず買うのをやめてしまわれた経験がある人なら、それ自体がエピソードとして営業トークに使えます。

友人は、経歴を深く掘り下げられて経験した仕事内容を全て棚卸させられたと言っていました。

これらは、紹介する求人を選ぶ際に40代転職エージェントがどういう求人を紹介するか吟味しているそうです。

40代前職友人

Spring転職エージェントは、もってる非公開求人数は少ないけど、紹介してくれる企業とは関係がかなり深く書類通過しやすいよ。

リクルートエージェントが非公開求人を20万件保有しているのに対し、Spring転職エージェント5万件です。

※参考サイトはこちら

ただ、求人の質は高く、書類突破や内定まで持っていく企業との信頼関係は非常に強いと言われています。

40代で転職を目指すなら、登録してみるのも良いと思います。

とにかく数を応募しろという40代転職エージェントが多い中、ピンポイントで内定まで持って行こうとする40代転職エージェントはめずらしく、LHH転職エージェント(旧スプリング転職エージェント)は非常にオススメです。

比較的高年収の求人が多いので、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトのようにダイレクトリクルーティング型ではありませんが、担当の40代転職エージェントが強力にサポートしてくれます。

\ 一件の紹介をとことん内定を近づける/

【40代転職エージェント】DODAは40代でもたくさんの転職エージェントからメールが来る!

DODAはたくさんのメールが来る。
エノ

DODA(デューダ)は、登録すると大量の求人情報メールが届きます。

DODA(デューダ)は、自分から応募できる一般求人と、40代転職エージェントから直接求人のメールが届く2種類のアプローチがきます。

DODA(デューダ)は、東証一部上場の有名企業の求人を前面に押し出し、優良求人がたくさんあるというアピールをしまくっています。

エノ(汗)

確かに有名企業の求人はありますが、非常に狭き門です。

DODAは色々な転職エージェントからメールが来ます。

大東建託のようなブラック求人の個人営業職も多いですが、書類審査不要のオファーが44件も筆者に届きました。

エノ(泣)

よく見ると、内容は個人営業職が非常に多く、シロアリ営業、外壁営業、車買取営業、住宅営業、個人保険営業、危険な営業ばかりです・・・。

40代で仕事がなく困っている、メンタルが弱っている人に簡単に内定を出すのがこういった個人営業職。

基本、ブラック求人で間違いありません。

それ以外の本物の優良求人もありますが、求人をよく見極める力が必要です。

40代でメンタルが弱っている時に気をつけるブラック求人とは?

DODA(デューダ)は、大人気転職サイトです。

良さそうな求人が乱れ打ちのようにメールで来るので、どれも良いと思いがちですが、連絡を取り合う40代転職エージェントは一人に絞るべきです。

色々な転職エージェントに連絡を取ると、管理しきれなくなり集中できなくなります。

DODA(デューダ)を使う場合、気になる求人を一つ一つ調べ、応募は一社ずつにしましょう。

優良求人も多くあり、日本国民のサラリーマンの三分の一が登録していると言われるDODA(デューダ)

実際は誰でもいいから兵隊が欲しい闇営業などもあるため、気をつけてください。

\ 書類審査不要のオファーが届くがブラックもある/

【40代転職エージェント】転職エージェントは20代~の若手専用のサイトが多く、40代で登録できる転職エージェントは限られている!

実際は若手が有利な転職市場
エノ

転職市場は、若手有利なのが現実です。

転職エージェントは、広告のタネックスをはじめ、Re就活、マイナビなど、20代専用の転職エージェントが数多く存在します。

20代は、第二新卒とも呼ばれ、40代の私たちが20代の時の就職氷河期はもう過去の話となりました。

エノ(汗)

40代は、就職氷河期世代とも呼ばれ、希望の職種につけずに妥協したり、就職浪人したりなど辛い時代を経験しています。

40代の転職希望者にとっては、令和の20代の転職市場は羨ましい限りです。

現実は受け入れる必要がありますが・・・

まだ間に合う。それが40代!

40代は、40代に見合った転職エージェントを使う必要があります。

数ある40代をターゲットにしている転職サイトや転職エージェントを紹介してきましたが、逆に40代は登録すらできない転職サイトや転職エージェントもあります。

エノ

時代遅れですが、転職は35歳までという壁がまだ存在する転職サイトもあります。

【40代転職エージェント】マイナビエージェントは35歳の壁がまだ存在

マイナビエージェントは35歳までしか応募できない
エノ(汗)

マイナビエージェントは、35歳以上は全てお断りのサイトです。

理由は簡単なことです。

企業の採用率で、若手の20代や30代の方が採用率が高く、40代以上は不採用率の方が高いからです。

40代転職エージェントも、企業に人材を紹介し、企業が採用して、3ヶ月の使用期間に退職しなければ初めて大きな報酬がもらえる仕組みです。

なかなか内定がとりにくそうな40代よりも、転職の回転が速い若手を紹介した方が、転職エージェントの報酬も入りやすいからです。

転職エージェントもビジネスですから、新卒に近い若手の方が紹介しやすく、企業も安く採用できるので回転が早いと言われています。

だから若手専用の転職サイトがたくさんしのを削っており、40代以上の転職サイトや40代転職エージェントは数が少ないのです。

しかし、40代、特にハイクラス転職エージェントは、一回の紹介料が非常に高いと言われています。

※参考サイト ジョブスゴー

管理職以上の採用が前提のハイクラス転職エージェントは、それに見合った優秀な人材を紹介するわけですから、若手よりも報酬を高く設定しています。

企業も、管理職経験者で簡単に辞めていかない40代の転職者は、貴重な即戦力として慎重に採用します。

40代で本気で転職して人生を変えたいと考えているなら・・・

一人の40代転職エージェントとどれだけ信頼関係を作っていけるか、企業ではなく40代転職エージェントとのコミュニケーションが非常に大切です。

20代なら、数を打てばどんな業界でも、どんな職種にでも転職のチャンスがある現在。

大転職時代と言われ、政府が人材不足対策として転職しやすい環境を整えています。

※厚生労働省支援制度

人材不足の根本原因は、少子高齢化です。

今は、20代転職サイトが活況ですが、20代の総人口はこれから減る一方です。

つまり、40代が若手と言われる時代はすぐそこまできています!

【40代転職エージェント】40代転職エージェント全てに登録しても管理できない!

リクルートエージェントを軸にしよう
エノ

たくさんの40代転職エージェントを紹介してきましたが、全部に登録しても逆に効率が悪くなります。

どんなに優秀な40代でも、40代転職エージェント5人や6人と毎日連絡をとり信頼関係を作り、働きながら転職活動をするのは不可能です。

もし、現在無職で転職活動に集中している40代なら、3人まで増やしてもなんとかなりますが、5人は不可能です。

40代で本気で転職して人生を変えたいと考えているなら・・・

一人の40代転職エージェントとどれだけ信頼関係を作っていけるか、企業ではなく40代転職エージェントとのコミュニケーションが非常に大切です。

エノ

そこで、うまくいった事例をいくつかご紹介します。

まず、筆者は40代転職エージェントの違いを知るためにほとんど登録していますが、メインに連絡を取り合っていたのは・・・

筆者の使っていた40代転職エージェント

まず、ダイレクトリクルーティング型のビズリーチリクルートダイレクトスカウトは、企業人事との直接的な交渉になるため、筆者は間に入ってくれる転職エージェントの意見を聞きいためにメインで使うサイトからは外しました。

エノ

登録だけはしましたが、年収700万円以上のプレミアムオファーが5通届いていました。

しかし正直、格上すぎる会社の直接オファーにビビりました・・・・。

現実的に生き残れる可能性の高い中小企業も選択肢に入れたかったため、非公開求人の多いリクルートエージェントを軸に40代転職エージェントを使おうと決めました。

二番目に、パソナキャリアの40代転職エージェントを信頼できると感じ、担当になってもらいました。

年収500万円以上あったのと、ハイクラスのポジションに自分が挑戦できるのか、可能性も知りたかったため、企業人事と直接やりとりするダイレクトリクルーティング型ではなく、40代転職エージェントに相談できるパソナキャリアを選びました。

エノ

パソナキャリアでの転職活動は上の章で紹介した通りです。

元同僚店長が40代転職で成功をした組み合わせは・・・

友人の使っていた40代転職エージェント

友人は、LHH転職エージェントで小売業からIT企業への異業種へ転職を成功させました。

女性の転職エージェントで、IT企業に強く、特にIT営業職に非公開求人をたくさん保有していたそうです。

40代元同僚店長

NTT系列の法人営業職から、KDDI、ソフトバンク、SONY系の光ファイバー営業など、たくさんの非公開求人を未経験にも関わらず紹介してくれましたよ。

LHH転職エージェントも40代転職エージェントとして相談できる優秀な転職サイトと言えるでしょう。

40代元同僚店長

内定後、年収500万円の予定が、担当転職エージェントの最後の交渉で550万円に上げてもらえたよ。

その後、SEになり年収800万円まで上げたのは最初からSEになるつもりでIT営業へ転職したからです。

そのアドバイスも、LHH転職エージェントによるものだったそうです。

40代転職エージェントとの信頼関係が強いほど、必死にサポートしてくれるのは、若者向けの転職と違い、数を打てば当たることはないからです。

本当に「この人なら転職させられる」と40代転職エージェントに思わせることができれば、このように必死に背中を押してくれる、頼れる存在になります。

40代、転職するなら生き残りたいはず。

それならば、同じような年代の40代転職エージェントにできれば頼ってください。

自分で直接企業の人事とやりとりするには、相当な自信や今までの成功体験があってメンタルが強い人に限られます。

40代転職エージェントを味方につける方法を筆者はまず、オススメします。

【40代転職エージェント】40代転職エージェントを利用した転職活動の流れ

STEP
リクルートエージェントに登録する。
  • なるべく詳細に経歴を入力し、自分がどんな仕事をしてきたかをしっかりと記入する。
  • 自分がどんな条件の仕事に就きたいかを詳細に書く。
  • 担当エージェントをなるべく40代の転職エージェントにして欲しいことを強めに書く。
STEP
担当エージェントからの連絡を待つ。
  • 転職エージェントから連絡が来たら、挨拶とどんな人か、年代はどんな方かを聞く。
  • 担当の40代転職エージェントに、どんな経緯で転職エージェントになったのか、その人は転職経験が豊富かなど、どんなことでも聞いていく。
  • 最終的になんでも話せるかどうか、自分で判断し良い人なら、「人生預けます」と本気のことを伝える。
STEP
職務経歴書を提出し、細かい指摘をお願いする。
  • 経歴については、隠さず正直に40代転職エージェントに話す。
  • 経歴に、3ヶ月未満の退職(使用期間の退職)などがあれば、それは省いて転職回数に含めない。
  • 退職理由の書き方については、担当エージェントとよく相談し面接でも利用する。
STEP
非公開求人を紹介してもらう。
  • 少しでも気になれば迷わず応募する。
  • 40代は100社応募して1社書類通過できれば良い方だと前向きに考える。
  • 1社でも通過したら、面接対策を相談する。
STEP
面接に臨む。
  • 絶対聞かれる質問に対して、万全の体制で臨む。
40代求職者が絶対に面接で聞かれる質問とは?
  • 現在(直前)の会社の退職理由は?
  • 弊社(応募企業)を選んだ理由は?
  • 過去の自分のいちばんの成功体験、うまくいった事例はどんなことか?
  • 自分の一番苦手な仕事はどういう仕事か?
  • 希望の年収はいくらか?
  • 弊社に入社して、即戦力として何ができるか? など
STEP
内定から年収交渉、入社日までの調整
  • 在職中なら、退職日は最短でいつになるか?
  • 賞与の時期なら、賞与をもらってから退職するのがベストのため、入社時期の交渉。
  • 希望年収については面接で伝えた金額を転職エージェントに共有し、最後の交渉を託す。
  • 有給の消化などの計画も立てる。

面接についてのベストな答え方の記事は別途、執筆予定です。

【40代転職エージェント】40代でも行きたい業界が決まっているなら特化エージェントに登録しよう!

例えばIT業界と決めているなら・・・

転職エージェントにとって、求職者を転職させるのはビジネスです。

転職エージェントも、特に40代なら転職させたいのが本音です。

だからこそ、業界を絞った特化エージェントも増えています。

特に人気の在宅勤務が多いIT業界や、コロナで一気に求人が増えた病院関係の仕事、常に人手不足でメディアに取り上げられる保育の仕事、金融や証券などの全問知識を必要とする金融業界の仕事など、専門に取り扱う転職エージェントが増えています。

これらの特化エージェントに所属する転職エージェントは、元IT業界、元看護師、元保育士、元銀行マンなど、それぞれの業界を経験した人が多く在籍し、中には元職場へのつながりを持った人もいます。

40代でも、もうやりたい業界、やりたい仕事が完全に決まっている人なら、特化エージェントに登録もしましょう。

エノ

重要なのは、リクルートエージェントは絶対に外さないということです。

リクルートエージェントは、40代での転職そのものに成功体験を多く保有しており、40代で転職するなら外せない転職エージェントです。

併用して、業種特化のエージェントに登録しましょう!

【40代転職エージェント】IT業界を目指すならこの3つの特化エージェントに登録!

レバテックキャリア

グリーン

ギークリー

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

こちらの3社は、多くのIT業界との繋がりがあり、IT業界未経験でもチャンスがあります。

40代未経験でIT業界を目指すなら、資格取得(応用情報技術者試験)の取得を目指しながら、これらのサイトでIT営業を探すことも選択肢です。

40代元同僚店長

特化のエージェントではなかったけど、IT営業なら業界未経験でも40歳で採用される可能性はありませすよ。

他にも人気業界特化エージェントはたくさんありますので、個別に記事を執筆していこうと考えています。

【40代転職エージェント】40代で登録すべき転職エージェント まとめ

40代転職はエージェント次第?
エノ

40代は、中間管理職が多い年代ですが、同時に非正規社員などのキャリアに失敗してしまっている人も多くいる世代です。

どちらにせよ、40代ならまだ間に合います!

40代で、人生を取り戻しませんか??

40代で、就職氷河期に味わった悔しさや無力さを力に変え、リベンジ転職を目指してみませんか??

筆者は、40代で2回目の転職をし、現在奮闘中です。

現在の職場の記事と前職の職場の特集記事も執筆予定です。

【40代転職エージェント】とにかくキャリアを目指すならハイクラス転職サイトに!

エノ

在職中で管理職なら、ハイクラス転職に興味はありませんか?

在職中で、特に転職を真剣に考えていなくても、外の世界を知るためにハイクラス転職サイトに登録しておくのは世の中のトレンドとなっています。

自分の市場価値を調べませんか?

転職活動、面接などで希望年収を聞かれた際、ある程度の基準になります。

まず、ミイダスに登録して自分が主張できる年収をざっくり把握しましょう!

今の年収が適正なのかどうかも、ある程度簡単に調べられますし、スカウトのメールが企業から直接来ます。

電話勧誘などはないので、安心して登録できます!

こんな感じに主張できる年収がざっくり表示されます

自分の市場価値を知る為には・・

この3つに登録しておけば、企業の人事から直接メールが来たりしますので、自分がどれくらいの年収アップを目指せるのか知ることができます。

それを見た上であえて現職にとどまるのも選択肢です。

エノ妻

40代の転職は、家族に心配をかけることも忘れないでくださいね。

【40代転職エージェント】家族との時間やキャリアより家庭や趣味を優先したいならまずはリクルートエージェント

エノ

筆者もですが、仕事よりも家族との時間や自分の時間を多くしたい人は・・

40代で転職なら絶対に外せない!

中小企業での中間管理職を狙い、年間休日120日以上、土日祝日休みの会社を探しましょう。

エノ(汗)

40代なら、多少の残業などあって当たり前なので、残業ゼロにこだわりすぎない方が良いと断言します。

40代中間管理職はなぜ残業がつかないのか?

それは、基本給が管理職級で高い事と、管理職は残業が少ない人が優秀な評価を受けるためです。

残業自慢は、無能自慢。

残業で稼ぐ人ほど、管理職になれないように世の中はなっています。

いかに勤務時間内で責任を果たす仕事をこなせるかどうか?

40代に求められているのは、会社にとってのサービス残業ではなく、残業しなくても仕事を終わらせることができる能力を持った人です。

これをふまえ、リクルートエージェントに登録し、自分の要件にあった企業を探しましょう。

担当になるエージェントが40代かどうかも重要です。

担当してくれるエージェントに転職経験が多いかどうか、どんな思いで40代転職エージェントになったのかなど、質問してその担当との信頼関係を作りましょう!

在職中であれば、多くても2社程度が40代転職エージェントとのやり取りは限界です。

全てに登録すれば良いというわけではなく、狭く深い付き合いが重要です。

リクルートエージェントは絶対で、サブ40代転職エージェントにパソナキャリアLHH転職エージェントを登録することをオススメします。

DODA(デューダ)もオススメです。

半端じゃないメールが来ますので、DODA(デューダ)をサブに使うならまめな人が良いでしょう。

【40代転職エージェント】40代でも転職が当たり前の時代はもう目の前!自信を持とう!

エノ

40代の転職エージェントは、少ないですがあります。

40代で転職を考えているすべてのおっさんたちへ。

40代で転職を考えるなら、何か事情があることでしょう。

それが、給料をもっと上げたいというポジティブな理由なのか、人間関係や降格人事、転勤や配置転換などのネガティブな理由なのか、様々です。

現実は、ネガティブな理由の人が圧倒的に多いのが40代です。なら

しかし、それでうつ病になったり、何もやる気が出なくなり引きこもってしまうような時代ではないのです。

世は、大転職時代。

諦めるくらいなら、自分でフランチャイズを利用し独立して社長になることもできる時代なのです!

家族や両親のことを考えるなら、まずは転職エージェントに登録し、転職して安定した生活ができるよう仕事を探しましょう。

絶対に40代はまだ間に合います。

自分が辛い思いをしながら働いてきたキャリアに自信を持ち、40代の転職エージェントに想いをぶつけてみてください。

40代の転職エージェントなら、必ず何かしらの転職経験をしながらエージェントになっていますので、ただのビジネスを超えた、「なんとかして見せます」という言葉をもらえるはずです。

自分が転職し、転職先で生き残ることにより、40代転職エージェントにも恩返しをすることができるのです。

これ以上のWIN・WINのビジネス関係は少ないと断言しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も、40代のおっさんたちを救う記事を書き続けていきます。

次回記事にご期待ください。

一緒に40代でブログを書きませんか??

ブログ副業は、40代の経験を伝える事で稼ぐことができ、会社員の収入依存の分散に大きく貢献出来ます。

SWELLとエックスサーバーを使えば、簡単にブログを書けるばかりか、ブログ仲間もたくさんできるので帰宅後が楽しみな人生に変わります。

筆者も、ブログと出会い40代で人生が変わりました。

是非、Twitterで仲間になってください。

転職挑戦の知識はもちろん、なんでも知識などはお伝え出来ますし、仲間たちもみんなブログに真剣です。

SWELLを購入し、ブログを始める事で、目標を見つけてほしいです。

是非お考え下さい。仲間たちとお待ちしています!

ココナラに登録するなら
ココナラ簡単登録

筆者紹介コード S7YB2K こちらを使うと1000ポイントもらえます!

ココナラで記事を書く仕事はたくさんありますよ!

クラウドワークスに登録するなら


在宅でパソコンでの仕事がたくさん見つかります!

40代転職地獄ブログ特集(実話)

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。スマホゲーム攻略特化BLOGも同時展開中。
戦艦帝国攻略BLOG https://eno-nikki.com

40代おっさん達を全力で応援したい!

コメントする

CAPTCHA


目次