\ ポイント最大11倍! /

40代転職地獄ブログをリアルに書く。40代での2度目の転職の企業はどういう職場環境だったのか?40代の転職者希望者に希望を。

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
40代困った人

40代での転職って、どういう基準で応募企業を決めるべきかな?

40代求職者

実際に40代での転職でキツイ経験した人の話を聞きたいよね。

結論:40代での転職は地獄を乗り越えた人のみが成功できる。内定はスタートラインですらない。

この記事を読んで解決する悩み
  • 40代での転職は転職エージェント?ハローワーク?
  • 40代での転職で地獄を見た筆者の実体験はどうだったのか?
  • 40代での転職は大手企業を狙う?中小企業を狙う?
  • 40代での転職で最重視しなくてはいけない条件は何?

40代での2回目の転職をした筆者は、どんな企業で居場所を確保する事ができたのか?

これは、40代での転職を考えているすべての人に共通する内容です。

ぜひ、転職を考えているすべての人に読んでもらい、若い人は「40代になってからでは大変」という事実を知ってもらいたいし、40代の人は「キツイけどまだ間に合う」という事実を知ってほしい。

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

目次

40代での転職地獄は回避できたのか?リクルートエージェントからの46歳転職

40代での転職は長く働ける環境を最優先しよう

40代での転職は、やりたい事を実現するという夢のある転職よりも、「家族のために安定して稼ぐ」ことが最優先されるのが一般的です。

もちろん、お金を貯めて夢を実現させた40代も存在します。

ビズリーチでキャリアアップ転職を成功させたエリート40代も多くいます。

しかし、40代は就職氷河期世代で、若い頃に希望の職種に就けなかった人が多くいます。

現実は会社に残れない何かの問題を抱え、倒産・降格・転勤・人間関係などが原因でメンタルに傷を負い、とにかく家族を守りたいがために、正社員での転職を目指すのが大半です。

そんな40代でも後半に差し掛かる46歳で、転職を決意した筆者。

転職先はどんな企業で、そんな職場環境だったのか?

エノ

40代で厳し環境に追いやられ、転職を考えているすべての人に希望や可能性を伝えたい。

そんな気持ちで、現在の職場環境、40代での転職が成功したのか、地獄だったのかを伝えていきます。

40代での現実的な正社員転職は、転職エージェントから中小企業を紹介してもらおう!

リクルートエージェントが一番現実的
エノ

40代での転職で一番重要視すべきことは、安定して長く働き続けられる環境です。

筆者の場合、40代での転職にやりたいことを選ぶ権利はないと判断し、リクルートエージェントに相談しました。

40代で大企業の管理職を狙うには、ビズリーチなどでステップアップ転職を狙わなくてはいけません。

しかし、たとえ面接を突破し、大企業に入社できたとしても、そこには超エリートのライバルが多数存在し、人間関係の中に入っていかなければいけません。

40代は結果も求められ、たとえ実力に自信があったとしても、高額年収に見合った仕事や結果を出せなかったら、たちまち居場所を失います。

40代での転職では、たとえ東証一部の大企業に転職できたとしても、すぐに辞めてしまってはなんの意味もなく、転職失敗となります。

年収500万円を超えていた筆者は、ビズリーチにも登録していましたが、現実的な将来を考え、リクルートエージェントに中小企業での安定したポジションを狙うことにしました。

40代で転職エージェントに相談した転職条件
  • 自宅から通える企業
  • 長く働き続けられる企業(経営状態)
  • 長く働いている人が多い企業(離職率)
  • 土日祝・年末年始・GWが休める企業
  • 残業が少なめな(最低月20時間程度)の企業
  • 管理職・マネージメント経験が活かせる求人
  • 最低年収500万円(当時の年収は650万円)以上の求人
  • 人と話すコミュニケーション力が活かせる企業

普通、やりたい業種とか、やってみたい仕事はありますか?と聞かれます。

しかし、40代で優先すべきことは、家族の生活を守ること。

奥様が正社員で共働きの場合は自分のやりたいことに挑戦することもできると思います。

しかし、筆者は違いました・・・。

まず、前職のブラック企業でのいじめでメンタルをやられており、「やりたい仕事」が何も出てこなかったのです。

まさに、「40代何がしたいかわからない」状態でした。

そして、土日祝日が休みで、年収が500万円以上もらえて、平均勤続年数が20年を超えている創業60年の老舗企業、米菓製造企業を提案されました・・・。

せんべいを製造することに特に嫌なイメージがなかったことと、何より平均勤続年数が20年以上で、長く働いている人が多数いて、40代からの転職者もたくさんいるという情報もいただけました。

前職も生肉工場でしたが、人間関係が最悪で、労災隠しの指示を受け、真のブラック企業だと感じ、メンタルを壊していた筆者にとって、同じ製造業でも全く違うことに賭けてみよう。

そう思える求人でした。

そして、現実的に40代での正社員転職を目指すなら・・・

東証一部の大企業よりも、中小企業で財務基盤が安定している会社が良いと感じていました。

リクルートエージェントは、大企業だけでなく、中小企業から小規模のベンチャー企業まで、多くの非公開求人を保有しています。

最後のにしたい40代での転職では、やはりリクルートエージェントが一番頼りになります。

担当のエージェントは、家の近くの求人から、通える範囲の企業を紹介してくれます。

まずはリクルートエージェントを活用しようと考えました。

40代・50代で本気で正社員転職を目指すなら、リクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェントだけでも構わないくらいです。

現実的な年収の非公開求人を紹介してもらえるのと、中小企業などの中間管理職の求人も多く持っています。

これからは就職氷河期世代の40代がどんどん転職していく時代で、リクルートエージェントは欠かせない絶対必要な転職エージェントです。

リクルートエージェントのすごいところ!
  • まず、自宅に近い会社の管理職求人を紹介してくれます。
  • どこを探してもないような信じられない求人が真っ先にメールで配信されてきます。
  • 自宅近くに大手通販サイトの工場が建設中だったのですが・・すでにその工場の工程管理マネージャー職の募集を紹介してくれました。
  • 圧倒的なスピードもあります。
  • 普段は大手求人サイトで見かけないような会社の求人。それは本当に信頼できるレアな求人。勤続年数が長い会社ばかり。

40代の転職でも前向きに企業に推薦してくれる

転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
転職/求人アプリ:リクルートエージェントで求人・仕事探し
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

40代での転職では、ハローワークは絶対に使ってはいけない!

ハローワークには最低クラスの求人しかありません。

40代以上での転職では、ハローワークの求人は絶対に使ってはいけません。

具体的理由は、添付記事に詳しく記載していますが、ハローワークには最低クラスの求人しかないのと、ハローワーク担当者は求職者を仕事に就かせるのが仕事なので、待遇や年収などは下がって当たり前と平気で言ってきます。

現実、ハローワークにステップアップの転職をするつもりで行く人は誰もいません!

40代以上での転職には、絶対に転職エージェントを使いましょう!

リクルートエージェントパソナキャリアなど、転職エージェントから紹介を経由して入社した企業は、企業が報酬として転職エージェントに年収の三分の一を払う仕組みになっています。

企業はあなたを採用するために、多額の経費を転職エージェントに支払わなくてはいけないのです。

そんなに経費を計上してまで採用したあなたを、企業が適当に扱うと思いますか?

40代での転職では、転職エージェントを味方につけられるかが全てと言っても過言ではありません。

間違っても、ハローワークにある求人が普通と考えてはいけません。

ハローワークは、もうどうしようもなくどんな仕事でも仕方ないと人生を半ば諦めた人がいくところです。

もちろん、年齢が若ければ職業訓練などを受けハローワークから這い上がることも不可能ではありません。

しかし若くても、転職エージェントを使った方が良い未来を切り開けると断言しましょう。

40代の同じような境遇の転職者たちがたくさんいる中小企業で安心した!

ニチレイブラックプロセスの管理職時代の手取り
現在の米菓企業での手取り

前職は、マネージャーという課長クラスの役職社員でしたが、手取りは27万円。

転職した、創業60年続く老舗の米菓企業は、手取りで42万円。

エノ

給与面では、とりあえず平均的なところへ戻れました。

エノ妻

下がらないよね?必死に貯蓄しなきゃ・・・

リクルートエージェントの紹介で入社した工場での管理職は、仕事は厳しいですがしっかりと教育も受けられ、何より40代以上の転職者が数多くいた事で仲良くなるスピードも早かったと言えます。

同じような境遇の人がたくさんいることで、メンタル的に安心できたことが大きかったと言えます。

内定証をさらす!40代を勇気づけたい!

筆者が46歳で入社したのは、米菓業界の老舗で、業界シェアは低いのですが、オリエンタルランド(東京ディズニーリゾート)との独占契約企業で財務基盤は超安定しています。

年収は500万円でしたが、3月に決算賞与が確実に出るのと、最初は残業がつく雇用形態なので年収600万円は確実にいくともいっていただけました。

休日は年間110日。

少なめですが、100日以下が超ブラック企業と判断しているので、ここは妥協範囲内と判断しました。

土日祝が基本休みで、繁忙期は土曜出勤が急に入る場合もあるとのこと。

エノ(汗)

土曜休みたいけどそこは好調企業ならある程度仕方ないよな・・・

あとは職場環境と人間関係。

職場環境は、はっきり言って60年以上稼働している工場なのでボロボロ・・・。

でもそこは気になりませんでした。

40代での転職で一番重要視したのは、正社員の離職率とパートの離職率!

まずは、工場で働く正社員のうち、転職者がどれくらいの割合でいるのかを面接で聞きました。

面接官(現上司)

8割以上が転職者です。40代、ちょうどあなたと同じくらいの年代がたくさんいますね。勤続は10年以上がほとんどで、辞めるのは若い新卒くらいです。高卒の。

エノ

40代で入社している方もいらっしゃいますか?もし可能なら私と同じタイミングで入社する方がいれば教えて欲しいです。

面接官(現上司)

あなたと同じタイミングで入社する人は一人います。53歳の方で、営業部に配属してもらいます。仲良くなれると思いますよ。中途入社はほとんどが40代での入社です。あなたならすぐに馴染めると私は判断していますよ。

ここで、他の内定を全て断ってこの米菓企業に入社しようと決意しました。

パートさんは、ほとんどが20年以上続けている人ばかり。

老舗企業というのは、人が支えていかないと老舗になれません。

それだけの人が長く勤務するということは、何かしら不満があったとしても働き続けられる環境だと判断しました!

40代での転職でも必ず地獄とは限らない。居場所を確保した筆者の実体験!

入社しただけでゴールはまだまだ遠い。すぐ辞めたら転職失敗。

老舗企業なら、すでに人間関係が出来上がって派閥とかあるのかという先入観もありましたが、中途入社がほとんど40代ということと、40代で入社している人がかなりいるとのことで、なんとか仲良くなりたいとまずは考えました。

40代・50代の中途採用者が多く、最初の配属先の上司も60代で入社は50代。

46歳で入社した私にとっては、年下の上司が当たり前と考えていただけに、非常にありがたい存在でした。

ところが・・・やっぱりそんなに甘くないのが40代での転職。

この上司が、鬼のように厳しい社内1の問題社員でした。

マネージャー

この人の下で鍛えてもらってこい。生半可な覚悟じゃないと感じたから採用したんだからな。これくらい耐えて見せろ。

ここから、地獄の研修期間が始まったのです・・・。

40代での転職、どんな人でもどんな環境でも、厳しいということに変わりはありません。

それには、家族を養うという絶対的な覚悟や、目標に向かって貯蓄するという心の支えなどがないと、簡単には定着できないのが、40代での転職です。

40代での転職で最初の上司が鬼教官!

とにかく怒鳴りまくる上司

46歳からの入社ということで、米菓についての未経験ということもあり、マネジャーが早期に管理職に上がってもらうためにわざと一番厳しい人の下につけられました・・・。

聞けば、新卒の若い社員は皆この人のもとで辞めていったとか・・・。

エノ(泣)

ま、まじかよ・・・。

とにかく、仕事でのミスは許されない環境でした。

同じことを2度聞こうものなら、「一度教えただろうが!覚える気があるのか?」と怒鳴られます・・・。

しかし、そんなことは40代での転職では当たり前で、覚悟はできていました。

必死でメモし、何度もイメージしてせんべいの焼き方、ガスの調節、スピードのコントロールなどを少しずつ覚えていきました。

「ほんとカスだな。何にもできねえじゃねえか。よくそんなんで幹部候補とかで採用されたな?」

これを言われた時は、悔しくて涙を流したのを覚えています。

エノ(怒)

ちくしょう。今に見てろよこのクソジジイ!

毎日怒鳴られ、パートさんたちも心配してくれて、「大丈夫?」と声をかけてくれます。

怒鳴られてもメンタルは大丈夫でした。

むしろ、このジジイを黙らせてやる!という強い気持ちにどんどんなっていきました・・・。

そんな中、入社して3ヶ月・・・。

いつの間にか、今までできなかったことができるようになっている自分に気がつき始めました・・・。

いきなり上司から、「今日から朝の作業を全て一人でやってもらうから。一つでもミスあったらただじゃあ置かないからな!」とかなりキレ目で言われました。

エノ(汗)

は??まだ3ヶ月の研修中なんだけど。朝6時から誰もいない中一人でやれと??

もしかしてヤバイ会社なのか??

不安を抱えながら、とにかくできることをやるしかないと、メモを見ながら一人ぼっちで火をつけ、全ての準備をやり、漏れがないかの確認を毎日行いました。

8時に来る鬼上司は、毎日何か間違っていないかをジロジロと見回ります・・・。

ある日、鬼上司が体調不良で急に休みになりました・・・

エノ(汗)

ちょっと待ってください。一人で一日焼き2号機を回すのはさすがに無理です!まだ3ヶ月ですよ!

マネージャー

じゃあ誰がやるんだ?お前しかいないだろう?今まで何をやってきた?できることを全て出し切ってやってみろ!

さすがに、これには「ヤバい会社」という考えが頭をチラつきました・・・。

こんな新人に1日一人でラインを任せるなんてどうかしてるだろ・・・。

「やるしかない。もうヤケクソだ。どうにでもなれ!!!」

無我夢中でのライン一人作業で覚醒。3ヶ月で研修終了の知らせが!

いきなり無茶振り?

朝の準備は、なぜかいつの間にか体に染み付きできるようになっていました。

でもメインの商品を全て一人で焼くとなると、ガスの調整や焼くスピード、出来上がりの基準や水分の確認など、やることは盛りだくさん。

そもそも、一人でこなせるような仕事量ではありません。

エノ(泣)

こりゃあさすがにむりだ。もうクビになるつもりでやろう・・・

仕事しながら悔しくて涙が。

しかし、もう誰も助けてくれる人はいない。

パートさんはみんな私に仕事を聞いてきます。

思ったことを全てパートさんにお願いし、見よう見まねでお煎餅を焼く作業を続けていました。

焼いたお煎餅を見てみると、そんなにおかしくないし焦げてもいない。

「あれ、これならいつもとそんなに変わらないな。なんでできるようになってんだ??」

そもそも焦げていたり、小さかったりしたらクレームがすぐに飛んでくるので、こんなに続けて作業できないはずです・・・。

エノ(汗)

え?俺できるの?なんで??一人でやったことないけど??

わけもわからず時間が過ぎ、なぜか全てのお煎餅を一人で焼くことができ、ガスの火力やスピードも体が覚えていたことに気がつきました・・・

頭では細かい数字は覚えられていませんでしたが、大体の基準は体に刷り込まれていたのです。

たった3ヶ月で・・・。

マネージャー

だからできるって言っただろ?リクルートエージェントに大金を会社が出す事を決めたからな。簡単に辞めてもらうわけにはいかないぞ。

その日、研修終了の案内が届き、正社員として完全雇用となりました。

今まで距離を置かれていた40代の転職者たちが、一斉に声をかけてくれるようになり、仲間ができ始めました。

鬼上司は、口では「お前なんかに任せられる仕事はない!」と言いながら、いつも自分でやった方が早い仕事をわざと私にやらせるために残してタバコを吸いに行っていたのです。

自分でも気が付かないうちに、体が仕事を覚えていました。

信じられませんでした・・・。そんなバカな。

あれだけ怒鳴りつけてカス扱いされていたのに、いつの間にか仕事ができるようになっていたのです。

心の奥底に、鬼上司への感謝の念が生まれました。

そんな、実は私にチャンスをくれていたんだ・・・気が付かなかった・・・。

40代での転職地獄は仕事は辛いものと割り切り我慢できるかどうかで決まる!

スタートラインは転職先で居場所を作れた所。

次の日、「来週から、違う部署で仕事を覚えてもらう」と言われ、部署移動となりました。

焼き2号機の最後の日に、鬼上司に大きな声で頭を下げて「ありがとうございました!」と本気でお礼をいう事ができました。

これが、社内で大きな噂になり、「あいつはやめなかったぞ!すげぇ」とパートさんまでヒソヒソ話が会社中に広まったそうです。

そう。ほとんどの人がこの人に辞めさせられていたのです。

いわゆる、40代での転職者への入社試験の3ヶ月と言っても過言ではない期間でした。

喫煙所で、40代での転職者がみんな話しかけてくれるようになり、パチンコの話や趣味の話、会社の気をつけた方がいい人や部署の仕事内容など、さまざまな情報が入ってくるようになりました。

入社して3ヶ月。

会社は、この期間に採用した人が辞めても、転職エージェントに報酬を支払う必要はありません。

3ヶ月耐え抜き、ある程度戦力になると認めて貰えなければ、基本は居場所を失うことになります。

40代の転職で、ギリギリ居場所を確保することに成功した筆者は、やっとスタートラインに立つ事ができました。

40代での転職は、転職エージェントを使うことが必須ですが、本当に厳しいものです。

最初から地獄と割り切って、強いメンタルで何があっても耐え抜く覚悟を持って入社しないと、この3ヶ月の壁を打ち破ることはできません。

40代での転職は、内定がゴールではありません。

それどころか、内定はスタートラインにすら立てていない位置付けです。

40代での転職でのスタートラインは、入社して3ヶ月を耐え抜き、会社が転職エージェントに報酬を払ってくれた場所です。

40代での転職をする人は、その覚悟を持ってください。

最初の3ヶ月は、並大抵なメンタルでは持ち堪えられないと言っても間違いありません。

その覚悟を持ち耐え抜いた人が、やっとスタートラインに立てるのです。

筆者も、今の米菓企業での立ち位置を守っていけるか、今後の職務態度にかかっています。

40代での転職地獄ブログ リクルートエージェントからの転職 まとめ

40代での転職は地獄を覚悟しよう

筆者が入社した米菓製造の中小企業は、決してホワイト企業と言い切れる環境ではありませんでした。

土曜日に急に仕事が入ったり、工場が古く機械も壊れやすくて、よく機械が壊れ生産が遅れます。

ただ、パワハラや暴力、サービス残業や明らかな違法行為などは全くなく、本気で厳しい環境なだけで悪いことはしていない会社でした。

この会社で魔の3ヶ月を耐えきり、正社員としての雇用を勝ち取り、賞与も3回もらえるのであれば、長く働ければ40代での転職成功と考えられます。

そして、給与も大幅に上がった今、筆者には諦めかけていた目標を再び、現実的に目指す強い気持ちが生まれました。

独立して、カフェを経営することです。

お金を貯めて、積み立てNISAを全て満額実施し、融資の知識も得て、50代前半にカフェを開業する夢を持ちながら工場で働いています。

具体的にいくら貯める、フランチャイズ本部に融資の情報を聞くなど、会社員を続けながら、人生でたったひとつやりたいことを最後に本気で目指してみよう。

そういう気持ちになれたのも、今の40代での転職をしたからです。

もし、40代での転職を考えている人が本記事を読んでいてくれたら、まずはリクルートエージェントに登録してみてください。

転職エージェントに相談するだけで、考え方が変わってくるばかりか、自分で求人を探すよりもブラック企業に捕まる可能性は低くなります。

転職エージェント比較記事はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も40代での転職に、就職氷河期世代の逆襲の転職に力強く応援する記事を書き続けます。

これからもよろしくお願いします。

一緒に40代でブログを書きませんか??

ブログ副業は、40代の経験を伝える事で稼ぐことができ、会社員の収入依存の分散に大きく貢献出来ます。

SWELLとエックスサーバーを使えば、簡単にブログを書けるばかりか、ブログ仲間もたくさんできるので帰宅後が楽しみな人生に変わります。

筆者も、ブログと出会い40代で人生が変わりました。

是非、Twitterで仲間になってください。

転職挑戦の知識はもちろん、なんでも知識などはお伝え出来ますし、仲間たちもみんなブログに真剣です。

SWELLを購入し、ブログを始める事で、目標を見つけてほしいです。

是非お考え下さい。仲間たちとお待ちしています!

ココナラに登録するなら
ココナラ簡単登録

筆者紹介コード S7YB2K こちらを使うと1000ポイントもらえます!

ココナラで記事を書く仕事はたくさんありますよ!

クラウドワークスに登録するなら


在宅でパソコンでの仕事がたくさん見つかります!

40代転職地獄ブログ特集(実話)

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。スマホゲーム攻略特化BLOGも同時展開中。
戦艦帝国攻略BLOG https://eno-nikki.com

40代おっさん達を全力で応援したい!

コメントする

CAPTCHA


目次