40代の転職を実現する方法とは?

【40代転職地獄ブログ】40代の異業種へ転職は可能?マネジメント管理職なら??

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
異業種への転職は40代にできる?
エノ

どうも。40代で異業種への管理職転職を決行したエノです。

<この記事を読んで解決する悩み>

40代で転職活動する際、未経験の異業種へ行きたい方
  • 40代で転職希望だけど土日祝休みたいから異業種へ転職したい・・・
  • 40代転職活動で、家族の時間を増やしたいから異業種へ転職したい・・・
  • 40代で最後の転職をするので休みが多い異業種へ転職したい・・・など

結論:40代でも異業種へ転職する事ができる時代になりました!

<本記事の信頼性>

当ブログ管理人
エノ 

<プロフィール>

  • 小売業大手3社で店長歴15年。
  • 40代で異業種への転職を複数経験。地獄をみる。
  • 大手小売店店長 ➡ 大手食品工場マネージャー ➡ 米菓工場
  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳内
  • ステンドグラス手作り体験工房「denkoubou」専属WEBライター
しかし昔の話なので時効です。店長になる前の物。身バレ防止の為
直近でのイジメブラック工場の名刺

現在の企業の内定通知書。リクルートエージェントにより管理職採用されました。

現在在職中の米菓工場の内定証。44歳でのキャリア採用に成功

<本記事の権威性>

企業様の専属WEBライターを担当しています。

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にあるステンドグラス体験工房、「denkoubou」の専属WEBライターをやっています。結婚式を控えている方は是非、ステンドグラス三連時計「つながる時計」をご覧ください。

多くの新婚様の「つながる時計」での結婚式の感動の体験を記事に残す仕事を任されています。

40代での転職の厳しさをブログで書いてきています。

転職自体、年齢に関係なく大変な事なのに、40代で転職することがどれだけ厳しいか、今悩んでいる40代おっさんたちに伝えたい、本気でそう思っています。

エノ妻

あなたもちょっと前まで同じだったでしょ?給料下がってんだからね(怒)

そーなんですよ。40代で転職するのって、一部を除き、給料下がる事が多いんです。

そんな厳しい転職後の職場での立場を、今悩んでいるおっさんたちに隠すことなくお伝えしようと思います。

この記事を読んでわかる事
  • 結論:40代での異業種転職は可能!
  • 40代異業種転職は給料が下がる?
  • 40代、まずはスカウト型サイトに登録を!
  • 40代は働きながら転職活動を!
  • 40代はコミュニケーション能力を重視!
  • まだ間に合う。それが40代!
転職する?
目次

【40代転職地獄ブログ】40代転職は給料下がる?

エノ(泣)

給料は下がりました。。年収650万円から550万円に下がりました。

40代で転職を考えるなら、リクルートダイレクトスカウト⁈

そんな甘くはありません。リクルートダイレクトスカウトはステップアップ転職ですが、同業他社以外は厳しいです。

エノ(汗)

ハイクラス転職ね・・・。選ばれた人だけが利用できる?というキャッチフレーズ・・・。

リクルートだけでなく、ミドルの転職やビズリーチなど、ほとんどの40代転職サイトはハイクラス転職。

登録だけでもしてみてはどうでしょうか。求人を見る事は出来ますよ。

年収600万円以上でないと相手にされないらしいよ・・・?

うーん。エノは前職で年収650万円でした。一応使う事はできるようでしたね・・・。今は無理だけど(笑)

ハイクラス転職は、今までやってきた仕事と同じことを他の会社でやる前提。

つまり、能力を売り込むってことは、同じ仕事をやるから給料上げてくれ、みたいなイメージです。

これって異業種への挑戦はできるんですかね・・・?

エノ(汗)

マネージメント業務は、業界にかかわらず仕事が似ています。要は人を管理する立場なので、ぶっちゃけチャンスはありそうです。

ですけど、まったくの異業種へ挑戦するのはどう考えても厳しいです。

担当のエージェントにも基本は、「同業他社」を勧められます。

【40代転職地獄ブログ】同業他社なら給与アップ狙える?

パソナキャリアのエージェント曰く・・・

40代の転職は即戦力。経験を活かすなら同業他社を基本は考えます。

この考え方は、管理職前提での話ですよね。

40代なら管理職で当然・・・。せちがない世の中ですよね。

世間に業種に絞った転職サイトがたくさんあります。

IT系やエンジニア・SEなどの専門求人サイトは多いです。

最近では、医療系、医者の先生の転職専門サイトまであります。

気になるのは・・・こんなサイトまで。

洋服のお店、ユニクロや洋服の青山なども、接客小売業として同業とみなされるようです。

確かに管理職で同業他社なら、年収アップの可能性はありますね。

ミイダス登録の必要性

ミイダスは企業から直接声をかけてもらえて、自分の市場価値も算出されます!

【40代転職地獄ブログ】でも年収が上がるってことは・・・

でも、考えて見てください・・・。同じ仕事をして給料上げてもらうってことは・・?

相当なプレッシャーでしょう。やっていけますか??

エノ(汗)

転職先の環境を考えてみて。いきなり上司が他社からくるのです。

相当強靭なHEARTがないと、メンタルが持たないですし、そういう人でないとステップアップ転職は成り立ちません。

野心をもって出世を目指す40代には良いと思います。

生き方で積極的に転職で年収を上げる事を目指す人もいます。

現実は、ほとんどの40代がマイナスな状況を抱え、逃げたいがために転職を考えています。

筆者も同じでした。

単身赴任。転勤の多さ。管理職のプレッシャー。人間関係。

様々なマイナスの環境に心が耐えきれず、逃げたい心境でしたね。

40代でメンタル不調を抱えたまま転職で年収上がったら、おそらく長続きしないでしょう。

給料を上げるという事は、今よりも多くの責任を持つという事です。

そんなに甘い話ではありませんよね。エノは、こう考えています。

エノ(怒)

ゴールは内定ではなく、転職先で生き残る事。すぐ辞めたら人生終わります。それが40代。

年収が全てではありませんよね。とにかく長く働けないと意味がない。

生き残れないと意味がないのです。ある意味転職せざるを得ないなら、それ以上の優先事項はありません。

エノ妻

そういうけど、年収300万円は無理でしょ。給料も最低ラインがあるでしょう!

・・・・。おっしゃる通りです。

管理職で同業他社を狙うなら、エージェントをつければ年収アップは可能。でも厳しい選択です。

40代に必要な転職エージェントの全てを全力で記載しています。

是非参考にしてみてください。

実際に、エノは転職後1年、地獄の中の地獄を見ました。

全くしらない業界の会社でいきなり部下がいます。

仕事覚える為に散々な目に遭いました。4人40代で採用されましたが、1人は既に辞めています。

しかも、私以外は同業他社から転職してきた経験者採用。それでも辞めてしまうのです・・・。

【40代転職地獄ブログ】40代で異業種転職は総合管理職ならチャンスあり!

エノ

40代管理職なら、コミュニケーション力を標準装備しています。

例えばエノの場合、ベビー用品専門店店長から食品生産工場工程管理マネージャーへと転職しました。

まったく違う業界ですが、職階は同じ「課長クラス」のようです。

業界や扱っているものは全く違いますが、同じ「部下」を管理する仕事です。

店舗管理と生産工程の管理。

結局は、「人」を動かし管理する仕事。本質は同じなんです。

それでも、年収は下がりました。

それくらい、異業種への転職は厳しいのです。

エノ(汗)

エンジニアやSE、職人など、個の技術で生きた来た40代は、異業種挑戦は諦める事を真剣におススメします。

技術職は、それだけで食べていけますよね。

逆に、それ以外の仕事を40代から始めようとするのは、間違った考え方です。

40代までの生き方でその技術を極めてきたなら、それは人生そのもの。

嫌ならもっと早く転職に動いているはずです。40代で初挑戦するには危険すぎます。

可能性がある職種は、総合管理職という部門。

いわゆる、マネージャーやグループリーダー、課長、などの部署長です。

食品でも工場でもお店でも現場でも、すべて人が仕事をしています。人を管理し動かしている役職。

40代異業種への転職に求められる必須スキルは・・・

  • コニュニケーション能力(標準装備前提)
  • リーダーシップ
  • 調整力(人間関係)

この3つが強みとしてアピールできるなら、業種に関係なく、どんな職場でも活躍できます。

特に、40代管理職にはリーダーシップを発揮できるかが重要になります。

例えば面接などで、強みを聞かれた時の一例です。

エノ

店長(マネージャー等)として組織を長くまとめてきました。時には厳しい口調で声を張り上げ、力強く集団を牽引し、同じ方向に一歩を踏み出せるよう導いてきました。

リーダーシップをアピールする回答。ハッタリでもいいと思います。盛って盛ってどや顔で言ってやりましょう。

コミュニケーション力に自信がなければ、今の仕事を辞めずに教わるのも手です。

リンクのカウンセリングは無料なので、ここは外せないスキルと思ってください。

またこれは書類に書くこともできますね。職務経歴書とかにも有効です。

エノ

店長(マネージャー等)として、女性の多い環境で人間関係を保ち、様々な衝突や問題などを解決してきました。トラブルの中に割って入り、話を聞いて正しい判断を下せる事は、私にとって大きな武器です。

これは人間関係に強い事と、リーダーシップを両方アピールできる回答です。

とにかく人に強い。という印象を与えられるよう、堂々と話す事が大切です。

どうせ転職するなら、まずはハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

転職できるのか、40代で判断できます。

40代に必要な転職エージェントを体験談も入れて詳細に執筆。

大人気記事につき、プレミア有料記事に移行を検討中。

お早めに熟読ください。

【40代転職地獄ブログ】40代で異業種への転職 まとめ

40代の生き方で、異業種への転職を目指す人もいます。ですが・・・

その数は少数です。40代からの生き方で異業種を目指す理由。それは・・・

  • 転勤や単身赴任が限界
  • 深夜働くのが限界
  • 業界収入が低すぎて限界
  • 休日が少なすぎて限界
  • 体を壊して力仕事が出来なくなり限界

これらの業界特有の理由が多く上げられます。

エノ(泣)

エノは小売業の転勤と単身赴任が限界でした。もっと早く考えるべきでした。60歳まで我慢するつもりでギブアップ。

40代までの生き方でここまで後悔したことはありません。

30代半ばであれば、もっと選択肢は広くあったはずです。

エノ妻

家族はサポートしました。でも多くの妻は反対すると思います。家族の為に思いとどまるのも生き方だと思います。

エノは転職の譲れない条件として、

  • 家から通える。
  • 昼間の仕事
  • 勤続年数が長い、長く働ける環境
  • 完全週休二日制

これを意識していました。そうすると、同業である小売業が選べなくなってしまいました・・・。

もう一度書きます。転職しても、すぐに辞めたら何の意味もないばかりか、人生が終わります。

転職すれば今ある問題が全部解決できる事はありません。

むしろ大変ないばらの道なのです。経験者として、決しておススメしたくありません・・・。

今の仕事をつづけながら、副業でブログをはじめるのはどうでしょう。

これは添付記事だけでなく、おすすめな理由をもっと書いていこうと思っています。

今後も40代の生き方を強く応援し、共に歩むブログを書いていきます。

本日は、最後までお読みいただきありがとうございました。

40代で転職するのに必要な情報を全力で書きました。超有名企業への挑戦記も詳細に記載しています。転職エージェント5選、是非読んでみてください!

40代転職地獄ブログ特集(実話)

最新記事

超オススメ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として働く事に限界を感じているサラリーマン。稼ぐ力を身につけ、フリーランスを目指す決意をし、ブログを始める。他人に評価され人生を左右される会社員に魅力を感じなくなり、自分で稼ぐブロガーに強い興味を持ち活動を始める。スマホゲーム攻略特化BLOGも同時展開中。
戦艦帝国攻略BLOG https://eno-nikki.com

目次